3Dスキャンのやり方を動画でチェック!

<IFA>動画レポート:Xperiaの新機能「3Dクリエーター」での3Dスキャンを実演!

編集部:小野佳希
2017年09月02日
ソニーモバイルがIFAで発表した「Xperia XZ1/XZ1 Compact」(関連ニュース)が搭載する新機能「3Dクリエーター」。被写体を3Dスキャンして3Dアバターにしたり3Dプリント用のデータとして活用したりできる同機能は、いったいどのようにして利用するのか? 日本から渡独したスタッフに日本語でデモしてもらうことができたので、その模様を動画でお届けする。



3Dスキャンして作成したデータは、アバターとしてAR空間に登場させたり、アプリ内で加工してSNSでシェアするなどといったことが可能。3Dプリンターでプリントするためのデータとしても活用することができる。将来的にはPlaystation VRやマイクロソフトのHoloLensなどと連携していきたいという考えもあるとのことだった。

アプリの画面

データは一般的な3Dプリンターで活用できるファイル形式で保存される


こちらはXperia XZ1の内部基板。アルファベット“I”型配置にして熱源になるカメラやチップセットを離すことで熱対策を行っている


PHILE WEBの動画がいち早く見られる、YouTubeのPHILE WEBチャンネルにもぜひご登録を!

関連記事