Radioアプリにも対応

watchOSが4.1にアップデート、Apple Watch Series 3で音楽ストリーミング再生が可能に

編集部:押野 由宇
2017年11月01日
Appleは、watchOSの最新バージョン4.1を公開。新機能として「Apple Watch Series 3」での音楽ストリーミング再生やRadioアプリへの対応などを実現した。

watchOSの4.1を公開

Apple MusicまたはiCloudミュージックライブラリを使用して、音楽ストリーミング再生が行えるようになった。またRadioアプリにも対応し、様々なステーションの試聴が可能となる。

「Apple Watch Series 3」

またSiriの対応力も向上。曲やプレイリスト、アルバムの検索や再生が行えるようになった。さらにフィットネスデータをGymKitに対応している機器と同期することで、より正確な距離やページ、エネルギー消費の計測を行える。

なおApple Watch Series 3のGPS+Cellularモデルは、コントロールセンターからのWi-Fiネットワーク接続解除に対応する。

そのほか、いくつかの問題改善を実施。Apple Watch Series 1以降で心拍数の通知機能が有効でないときにも通知される問題や、スタンドのリマインダーやスタンド時間が表示されない、消音アラームで触覚による通知が行われない、第一世代Apple Watchで充電ができない、日の出と日の入りのコンプリケーションが表示されないといった問題を修正。また、中国のデフォルトの音声入力言語が北京語に修復された。

関連リンク

関連記事