MATE 10 PROは防水で有機EL

HUAWEI、HDR10対応のフラグシップスマホ「MATE 10」「MATE 10 PRO」

編集部:風間雄介
2017年10月16日
HUAWEIは、ミュンヘンで行われた発表会において、同ブランドのフラグシップスマートフォン「MATE 10」「MATE 10 PRO」を発表した。

ディスプレイはベゼルが狭い「FullView Display」で、「MATE 10」は5.9インチ液晶で、アスペクト比は16対9、画素数は2,560×1,440。

一方の「MATE 10 PRO」は6インチの有機ELを採用し、アスペクト比は18:9、解像度は2,160×1,080ドット。どちらもHDR10に対応している。

HUAWEI「MATE 10」

HUAWEI「MATE 10 PRO」

そのほか、MATE 10 PRO、IP67の防水・防塵性能を備えているが、MATE 10は備えていない点も大きな違いとなる。

両機とも、プロセッサーには同社独自開発のKirin 970を搭載。Kirin 970にはAIコンピューティングの性能を高める「NPU」(Neural-Network Processing Unit)が搭載されている。10nmの最新プロセスルールを採用し、8コアのCPUと12コアのGPUを備えている。

カメラは引き続きライカと共同開発したもので、F1.6のデュアルカメラ構成。片側は20メガピクセルのモノクロセンサー、もう片側は12メガピクセルのRGBセンサーを搭載している。写真撮影にもAI技術が積極的に用いられ、リアルタイムにシーン認識やオブジェクト認識(花や青空、植物、夜景、食べ物など)を行い、それにあわせて色やコントラスト、明るさなどを調整する。またカメラの「ボケ味」にもこだわった。

二つのカメラを筐体背面中央に搭載

デザインは前面・背面共に硬く頑丈なガラスを採用。また筐体の曲面にもこだわり、人間工学的に手のひらにフィットする形状を実現したという。

MATE 10を手に持ったところ

こちらはMATE 10 PRO。より縦長だ

バッテリーは4,000mAh。スマートパワーマネージメント技術や独自の急速充電技術も採用している。またUIには独自のEMUI 8.0を採用。直感的かつシンプルに操作が行えるとしている。

そのほか、PORSCHE DESIGNがデザインを行った「PORSCHE DESIGN|MATE10」もラインナップされている。

関連記事