Android搭載・Google Play対応の5機種が対象

オンキヨー、「GRANBEAT」「DP-X1A」などがCDレコに正式対応。PCレスでリッピングが可能に

編集部:成藤正宣
2017年10月30日
オンキヨーは本日、同社が販売しているハイレゾ対応スマートフォン「GRANBEAT DP-CMX1」や、ハイレゾ対応オーディオプレーヤー「DP-X1A」「XDP-300R」などが、PCレスでのCDリッピングができるアイ・オー・データ機器の「CDレコ」に正式対応したと発表した。

GRANBEAT DP-CMX1

対象となるのはGoogle Playに対応するオンキヨー「DP-CMX1」「DP-X1A」「DP-X1」、パイオニア「XDP-300R」「XDP-100R」の5機種。

アイ・オー・データ機器の「CDレコ」は、スマートフォンやタブレットにUSBケーブル、またはWiFiで接続することで、PCを使わず端末に直接CDを取り込むことができるアイテム。Android端末で利用するにはGoogle Playから専用アプリをインストールする必要があったが、今回、上記製品がこのアプリに対応し、「CDレコ」との接続が可能となった。

DP-X1A

XDP-300R

専用アプリではCDの端末直接取り込み以外に、音楽データの再生、音楽データの楽曲情報編集、インターネットを介した楽曲情報の取得、録音/音楽用CD-Rへの書き出し、NASへの取り込みなどの機能も利用可能。

CDレコのWiFi接続モデル「CDRI-W24AIW」

なお、CDから端末に音楽データを取り込む際、保存は内蔵ストレージにのみ可能。また、カメラを搭載していない「DP-X1A」「DP-X1」「XDP-300R」「XDP-100R」に関しては、CDジャケット画像の撮影やQRコードを利用したWiFi設定などカメラが必要な一部機能が使用できない。

関連記事