e-onkyo musicのおすすめコンテンツ、ダウンロードなどにも対応

sMedio、DSD 11.2MHz再生可能なWin10/8対応メディアプレーヤー。発売後3日間は特価100円

編集部:小野佳希
2015年12月03日
sMedioは、DSD 11.2MHzまでのハイレゾ音源再生やWASAPI排他モード、e-onkyo musicのおすすめコンテンツ、ダウンロードなどに対応するWindows 8.1/10用メディアプレーヤーソフト「sMedio TrueLink+ Hi-Res Edition」を、12月4日よりWindows Storeにて発売する。価格は1,500円(税込)だが、発売記念として発売開始から12月6日(日)までの限定3日間は100円での販売を行う。

UIイメージ

2011年発表のメディアプレーヤー「sMedio TrueLink+」へ、新たにハイレゾ音源の再生機能を搭載したプレミアムバージョン。対応形式は192kHz/32bitまでのFLAC、 384kHz/32bitまでのWAV、11.2MHzまでのDSD(DSF/DFF)。また、USB-DACでのハイレゾ音源のネイティブ再生に対応している(DSDはDoPモード)。

PCの操作音などを一時的に無効化し、ハイレゾ音源の再生のみを高音質で再生する「WASAPI排他モード」も搭載。そのほか、ハイレゾ音源配信サイト 「e-onkyo music」のおすすめコンテンツ、ダウンロードにも対応している。

Windows 8.1/10対応アプリとして、タッチ操作、キーボード・マウス操作どちらでも使いやすいよう配慮したというシンプルな画面を従来の「sMedio TrueLink+」から継承。

そのほか、PC内の写真、動画、音楽の再生を一つのアプリ内で表示、再生できる総合メディアプレーヤー機能を備え、ホームネットワーク上のDLNA対応機器内のコンテンツを表示・再生するネットワークプレイヤー機能も搭載。Microsoft OneDrive上のコンテンツをダイレクトに表示・再生する機能も備えている。

なお、東芝製のPC「Dynabook」2015年夏モデル、秋冬モデルのTシリーズ全機種、およびDシリーズの一部機種に標準搭載されている「TOSHIBA MediaPlayer by sMedio TrueLink+」にはすでに上記の機能が搭載されている。

関連リンク

関連記事