アニメパスは4月30日で終了

KDDI、「アニメパス」を「ビデオパス」に統合。「おそ松さん」など最新深夜アニメを見逃し配信

編集部:小野佳希
2016年01月12日
KDDIは、映像配信サービス「ビデオパス」と「アニメパス」を統合。「ビデオパス」に一本化し、アニメジャンルのコンテンツを拡充させる。


「ビデオパス」は、月額562円 (税抜) で映画やドラマ、アニメなど様々なジャンルの映像作品が見放題となり、さらに、レンタルチケットで新作も毎月一本視聴することができる、auスマートフォン向けの動画配信サービス。

これまでアニメジャンルについては、より一般的な作品はビデオパス、深夜アニメなどコアな作品をアニメパスで配信といったように住み分けていたが、今回これが一本化された格好。つまり、ビデオパス分だけの料金で従来のアニメパスでの配信作品も見られるようなイメージだ。

今回の施策にあわせて、「テレビ放送連動作品」(見逃し配信) をこれまでの倍以上に拡充し、「おそ松さん」、「最弱無敗の神装機竜《バハムート》」、「ラクエンロジック」などの最新のテレビアニメ作品を見逃し配信。さらに「キングダム」や「ちはやふる」など学生世代から人気の高いコミック原作のアニメも配信する。

なお、今回の「ビデオパス」のアニメコンテンツ拡充に伴い、「アニメパス」の提供を2016年4月30日をもって終了。「アニメパス」会員登録の新規受付は2016年1月27日で終了する。

現在「アニメパス」を利用中のユーザーは、提供終了日をもってサービス契約が自動解約となる。なお1月27日から4月30日までの期間、「アニメパス」加入中のユーザー は「ビデオパス (見放題プラン)」が30日間無料で利用できることに加え、レンタルチケットを1枚プレゼントするキャンペーンも実施する。

また1月14日から、5歳以下のユーザーを対象に、毎月5GBの通信データ容量をプレゼントするとともに、「ビデオパス」を最大6ヵ月間 (2016年7月利用分まで) 月額情報料相当額を割引く「学割キャンペーン」も実施。期間中「学割」に申込み、「ビデオパス」に新規 (または、再加入) で登録したユーザーが対象で、実質無料でビデオパスを利用できることになる。

関連リンク

関連記事