HOME > ニュース > サムスン、5.1型有機ELや指紋認証搭載の新スマホ「Galaxy S5」

0.3秒AFやHDR撮影も/4K動画撮影も引き続き対応

サムスン、5.1型有機ELや指紋認証搭載の新スマホ「Galaxy S5」

2014/02/25 ファイル・ウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
サムスン電子は、5.1インチのフルHD有機ELディスプレイ「Super AMOLED」とAndroid 4.4.2を採用し、指紋認証を新搭載した同社スマートフォン最新モデル「Galaxy S5」を発表。グローバル市場で4月に発売する。

Galaxy S5

「Galaxy S5」を手に持ったところ

2.5GHz クワッドコアのプロセッサーを搭載し、カメラの画素数はメインカメラが16メガ、フロントカメラが2メガ。動画はGalaxy Note 3に引き続き4K撮影にも対応している。また、IP67相当の防塵・防水性能も備えている。RAMは2GBで、ROMは16GBと32GBの2モデルを用意。バッテリー容量は2,800mAh。

背面には細かな突起があり、滑りにくいよう工夫している

4K動画の撮影が可能

カメラ機能では、同社が「世界最速」とする0.3秒でのオートフォーカスを実現。またHDR(High Dynamic Range)撮影機能も有し、背景をぼかしながら特定のエリアにフォーカスさせての写真撮影なども行える。

また、指紋認証機能を新搭載。ロック解除だけでなくモバイル決済でも指紋認証を利用できる。

心拍数計を内蔵し、体重などの健康データ管理アプリ「S Health 3.0」にも対応。腕時計型のウェアラブル端末「Gear 2」「Gear 2 Neo」(関連ニュース)との連携にも対応している。

「Gear 2」や「Gear Fit」との連携も可能だ

画面をモノクロにすることなどで消費電力を大幅に抑える「Ultra Power Saving Mode」なども搭載。そのほか音楽再生では、引き続きFLACにも対応するなどしている。

通信関係ではWi-Fi 802.11acおよび2X2 MIMOにも対応。そのほかNFCやBluetooth 4.0にも対応している。

本体色はcharcoal Black、shimmery White、electric Blue、copper Goldの4色。孔をあけたような「perforated pattern」デザインを採用している。

曲面ディスプレイ搭載のリストバンド型端末「Gear Fit」も

「Galaxy S5」と同時に、リストバンド型のウェアラブルデバイス「Gear Fit」も発表された。4月にグローバル市場で販売を開始する。

「Gear Fit」を装着したところ

画面が湾曲している

同社は今回のMWCにあわせ、すでに「Gear 2」「Gear 2 Neo」を発表しており、リストバンド型デバイスだけで3モデルを発表したことになる。

業界で初めて、湾曲画面のアクティブマトリックス有機ELディスプレイを搭載したのが大きな特徴。画面解像度は432×128ピクセル。

その名の通り、フィットネスなどに活用できるスリムな筐体を採用している。ストラップの交換も可能だ。外形寸法は23.4×57.4×11.95Dmm、質量は27g。加速度センサー、ジャイロセンサー、心拍数センサーの3つのセンサーを内蔵。IP67の防塵/防水機能を備えている。

バッテリーは210mAhで、通常使用では3〜4日、たまに使用するような環境では5日以上の連続使用が行える。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク