2004年放送、今敏監督初のTVシリーズ

アニメ『妄想代理人』全13話を1枚に収録、“いっき見ブルーレイ”が5/26発売

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:川田菜月
2021年02月26日
株式会社フロンティアワークスは、2004年に放送された今敏監督のTVアニメ『妄想代理人』を1枚にまとめて収録した “全話いっき見ブルーレイ” を5月26日に発売する。価格は9,900円(税込)。

「妄想代理人」全話が1枚に!いっき見ブルーレイが5/26登場

2004年に放送されたマッドハウス製作の今敏監督によるアニメ。今敏監督唯一のTVシリーズとなる本作の “全話いっき見ブルーレイ” では、全13話を1枚に収録しており、コンパクトかつ手ごろな価格で作品を楽しめるとアピールしている、音声仕様はリニアPCM/ステレオ、画面サイズは16:9(1,080i)。

妄想代理人(2004年/製作:「妄想代理人」製作委員会)
【あらすじ】
東京武蔵野で発生した通り魔事件。
被害者である月子の不明瞭な供述から、周囲は本人の自作自演によるものと疑う。
だが、第二の被害者が出て事態は一変。存在するはずがないと思われていた犯人は “少年バット” として事件を取り巻く人たちを次々と襲っていく。
“少年バット” とは一体何者なのか?そして次なる標的は?


【オープニングテーマ】
「夢の島思念公園」
作詞・作曲・編曲:平沢進

【エンディングテーマ】
「白ヶ丘-マロミのテーマ」
作曲・編曲:平沢進

(c)今 敏・マッドハウス/「妄想代理人」製作委員会

関連リンク

関連記事