HOME > ニュース > SIE・任天堂・マイクロソフトが連携発表。ゲームの安全性向上に向けて

横断的な取り組みを実施へ

SIE・任天堂・マイクロソフトが連携発表。ゲームの安全性向上に向けて

2020/12/15 編集部:小野佳希
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)、任天堂、マイクロソフトの3社は、ゲームの安全性向上に向けて連携し横断的な取り組みを行っていくと発表した。

ソニー/任天堂/マイクロソフトが連携発表

各社はそれぞれPlayStation、Nintendo Switch、Xboxといったゲーム機を展開しているが、「オンライン環境でユーザーの皆さまを守るためには、横断的な取り組みが必要だと考えています」と説明。「この取り組みには高度なテクノロジー、ユーザーコミュニティからのご協力、そして専門家の知識が必要です。同じ目標に向けて取り組めばその成果は大きくなるため、今後も各社はゲームの安全性向上に対する取り組みに投資し、それを進めるとともに、拡大させていきます」としている。なお、特に子供がゲームをプレイする際の安全性の向上を優先していくという。

『防止:適切なゲーム体験についての理解を促進します』『パートナーシップ:ユーザーの皆さまの安全を守るため、ゲーム業界、規制当局、司法機関、そしてコミュニティとの連携に努めます』『責任:すべてのプレイヤーの皆さまために、プラットフォームの安全性を高めます』という3点の理念を掲げ、その理念に基づいて取り組みを進めていくとのこと。

例えば、ペアレンタルコントロール機能の提供、ESRBやPEGI、CEROなどのレーティング機関との協力、行動規範に違反するユーザーがいた際に他ユーザーが通報する仕組みの構築などを適切に行なっていくと説明。また、不当な行為やコンテンツによりユーザーが被害を被ることのないよう、これを阻止するためのテクノロジーに投資していく。

3社では「すぐに他のプレイヤーとつながることができるデジタルエンタテインメントの世界では、ユーザーの皆さまの安全が確保しづらい場合があります」とコメント。

「私達は今回のパートナーシップを通じてゲームをプレイいただく際の安全性を高め、今後もゲームを真の意味ですべての皆さまに向けたエンタテインメントにしたいと考えています。テレビゲーム業界には、ユーザーの皆さま、特にお子さまを守るためのさまざまな対策を講じてきた長い歴史がありますが、この課題の解決には企業や業界を超えた取り組みが必要です」とし、「ユーザーの皆さまのための同様の取り組みが、世界各地に広がっていくことを期待しております」とコメントしている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク