ドレスシャツ生地マスクも

イオンがマスク総合ショップを約340店展開、ブラ工場で作ったマスクなど販売

PHILE WEB編集部
2020年09月16日
イオンリテールは9月中旬から、本州・四国の「イオン」「イオンスタイル」約340店舗にて、ライフスタイルや使用場面に合わせて選べるマスクと関連商品の集合売場「マスクショップ」を、常設ショップとして本格展開する。

各店舗にマスクは最大400種類、関連商品は最大約80種類を展示し、「拡大するマスク市場に応える」としている。

その商品拡大の一環として、様々な独自マスクを生産・販売する。

「トップバリュ ブラの工場で作った レースマスク」は、その名の通りブラジャーの工場で作ったもので、9月18日より順次発売する。

「ブラの工場で作った レースマスク」を装着したところ

フォーマルな場にも適したレースの上品なデザインとしており、肌側には「トップバリュ ピースフィット 極さら」生地の「ベージュ」色を使用している。カラーがオフホワイト、ピンク、ミント、ブラックの4種類で、価格は各880円。巾着ポーチが付属する。

「トップバリュ Shirt Mask」も展開。同じく9月18日より順次発売する。イオンで人気の「抗菌防臭」「形態安定」機能付きドレスシャツの生地を表地に使用したもので、繰り返し洗ってもしわになりにくいとしている。シャツの襟など、立体的な縫製を得意とするシャツ工場で作っているからこそ実現できた立体シルエットでフェイスラインになじむ、という。色は白(折柄ボーダー)、白(折柄)、グレー、紺、パープル、薄ブルーの6色で、価格は480円。

関連リンク

関連記事