申込から2週間程度で支給

Netflix、日本の映画/テレビ番組制作フリーランスに10万円支援。5/28募集開始

編集部:小澤麻実
2020年05月22日
Netflixは、日本国内の映画/テレビ番組の制作従事者の生活支援を目的とする「Netflix 映画・テレビドラマ制作従事者支援基金」を設立。演出からスクリプターまで様々な職種を対象に、一口10万円を、申し込みから2週間程度で支給する。事務局は特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)が務める。

「Netflix 映画・テレビドラマ制作従事者支援基金」を設立し、一口10万円の支援を行う

募集期間は5月28日(木)13時頃から6月末日まで。ただし先着順で、応募数が支給可能額に達した時点で終了とのこと。支給可能人数は1,000人程度としている。応募方法や対象に関する詳細は、後日VIPO基金事務局から発表するという。

Netflixは「日本の文化の根幹であるコンテンツ産業を支える日本中の優秀な制作従事者の安全と健康を望むとともに、生活への影響が大きい方々に少しでも安心していただける支援となることを願っております」としている。

現時点で発表されている支給対象/対象職種の概要は以下のとおり。

支給対象:国内の映画・テレビドラマ制作に従事するフリーランス・スタッフでコロナウイルスの影響によるプロジェクト延期・停止が証明できる方(※Netflixオリジナル作品を除く)

対象職種:支給対象者のうち、以下制作・技術部門におけるメインスタッフ、アシスタント、コーディネーターなど
・ 演出部門(助監督 等)
・ 制作部門(制作進行・演技事務・車両担当 等)
・ 撮影部門(特撮・特機・視覚効果等、助手も可)
・ 照明部門(助手も可)
・ 録音部門(音響・効果等、助手も可)
・ 美術部門(装置・装飾・衣装・結髪・メイキャップ・ヘアメイク・特撮美術等、助手も可)
・ 編集部門(助手も可)
・ スクリプター部門(助手も可)

関連記事