wena wrist proをベースに特別デザインを採用

ソニー、「スターウォーズ」特別デザインのスマートウォッチ。ファルコン/デススターモチーフの2機種

編集部:小野佳希
2019年10月04日
ソニーは、スマートウォッチ「wena wrist」新モデルとして、スターウォーズとコラボレーションした特別デザインの「STAR WARS limited edition」を10月19日に発売する。劇中のファルコンをモチーフにした“THE LIGHTSIDE”(予想実売価格70000円前後)と、デススターをモチーフにした“THE DARKSIDE”(予想実売価格73000円前後)の2タイプを用意し、いずれも台数限定での販売となる。

ファルコンをモチーフにした“THE LIGHTSIDE”とデススターをモチーフにした“THE DARKSIDE”の2機種を展開

特別デザインのヘッド(時計本体)とwena wrist pro(スマートウォッチ機能内蔵バンド)がセットになった商品。正式名称は「wena wrist pro Chronograph Silver set /STAR WARS limited edition "THE LIGHTSIDE"」と、「wena wrist pro Chronograph Black set /STAR WARS limited edition "THE DARKSIDE"」となる。なお、両機の価格差はベースとなるwena wrist proがブラックモデルのみイオンプレーティングで表面処理を施していることによるもの。

wena wrist pro Chronograph Silver set /STAR WARS limited edition

時計部の文字盤はそれぞれの機体の設計図をイメージしたデザインを採用。盤面の数字や文字を劇中に登場するオーラベッシュ文字のフォントにしていたり、タキメーター機能において劇中で登場する単位「PARSEC(パーセク)」で計算できるようになっていたりする。

wena wrist pro Chronograph Black set /STAR WARS limited edition

また、リュウズには“THE LIGHTSIDE”は反乱軍の紋章を、“THE DARKSIDE”は帝国軍の紋章を刻印。秒針の先には、“THE LIGHTSIDE”はXウィング風モチーフを付けてファルコンの周りを飛ぶようにし、“THE DARKSIDE”はスター・デストロイヤーを付けてデススターの周りを飛ぶようにしている。そして、盤面の設計図からはヘッド裏面に線が伸びており、ファルコン/デススター各部位の名称を裏面に刻印している。

裏面のデザイン

バンド電源オン時には、各テーマ曲のリズムを奏でる特別仕様も採用。“THE LIGHTSIDE”は「Main theme of STAR WARS(スターウォーズのテーマ)」、“THE DARKSIDE”は「The Imperial March(帝国のマーチ/ダース・ベイダーのテーマ)」のリズムで振動する。

外箱にはスターウォーズのロゴや反乱軍・帝国軍それぞれの紋章などを印字。本製品だけのオリジナルパッケージで配送される。

外箱もスターウォーズ特別デザイン

関連リンク

関連記事