3色展開

ソニー、スマートウォッチ初のWAON採用機「wena wrist」Hanae Mori manuscritコラボモデル

編集部:小野佳希
2018年04月17日
ソニーは、スマートウォッチ「wena wrist」の新製品として、ファッションブランド「Hanae Mori manuscrit」とのコラボデザイン、およびスマートウォッチとして初めて電子マネーに「WAON」を採用した“Hanae Mori manuscrit Edition”を4月24日に発売する。3種類のデザインを用意し、各29,880円前後での実売が予想される。また、本日4月10日から予約受付を開始した。

wena wrist Hanae Mori manuscritコラボモデル

Hanae Mori manuscritの天津憂氏による特別デザインを採用。ブラウン(WNW-SC18WON T)、ホワイト(WNW-SC18WON W)、ブラック(WNW-SC18WON B)の3色での展開で、バンドにはクロコ調カーフレザーを使用している。

wena wristの通常モデルが電子マネーに「楽天Edy」を採用しているの対し、本モデルでは上記のようにWAONを採用。ユーザー層である女性のライフスタイルにあわせて判断したという。日本全国38万3,000ヶ所のWAON加盟店で、本製品での買い物ができる。

WAONの決済端末に手首をかざして買い物可能

文字盤にはハナエモリブランドを象徴する蝶をあしらったデザインを採用。裏蓋にはブランドロゴが刻印されている。また、パッケージには光沢紙を使用した特別仕様のものを採用している。

関連リンク

関連記事