SIE WWSの14番目のスタジオに

SIE、『ラチェット&クランク』など手掛けるInsomniac Gamesを買収

編集部:小野佳希
2019年08月20日
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、「プレイステーション4」(PS4)用ソフト『Marvel's Spider-Man』や『ラチェット&クランク』シリーズを手掛けるゲーム開発会社であるInsomniac Games, Inc.を買収することについて、正式契約を締結したと発表した。

買収額を含む金銭的条件等については、契約条件により非公表。、本買収は、関係当局の承認取得等の後に完了となる。

買収により、Insomniac Gamesは、SIEのソフトウェアタイトル制作部門をグローバルに統括するSIEワールドワイド・スタジオ(SIE WWS)の14番目のスタジオとなる。ただし、Insomniac Gamesの今後の経営については、これまでと変わらずInsomniac Gamesのマネジメントチームが、SIE WWSのSan Mateo Studioと連携しながら進めていく予定だという。

Insomniac Gamesは、『スパイロ・ザ・ドラゴン』や『ラチェット&クランク』、『RESISTANCE』等のプレイステーション向け人気シリーズを手がけたゲーム開発会社。2018年9月に発売したPS4用ソフトウェア『Marvel's Spider-Man』は、世界累計実売本数が2019年7月28日時点で1,320万本を突破するなどしている。

SIEでは、「本買収により、20年以上にわたりInsomniac GamesとSIEとの間で築き上げてきた強固な信頼関係を基盤に、長年培ってきたSIE WWSのクリエイティビティをより一層発揮し、オープンワールド且つストーリー性を重視したゲーム開発を強化することで、より魅力的なプレイステーションならではのエンタテインメントをお届けしてまいります」とコメントしている。

関連記事