チタン製の物理カードも用意

米アップル、独自クレジットカードサービス「Apple Card」。米国で今夏より開始

ファイルウェブ編集部
2019年03月26日
米アップルは、「Apple Pay」を発展させたクレジットカードサービス「Apple Card」を発表。アメリカで今夏より提供開始を予定する。日本への導入については不明。

Apple Payに対応するiPhoneと店舗で利用できるサービスで、登録はiPhoneから可能。ゴールドマン・サックス、マスターカードとの提携により運営し、世界中で利用できる。

「Apple Wallet」アプリ上で使用金額を用途や期間別に集計/確認できるほか、メッセンジャーで住所の変更や利用状況の確認、「Apple Map」上で支払いを行った場所を表示するなど、他のアプリとの連携も可能。

登録や利用状況の確認は端末上ですべて行うことができる。

目玉は「Daily Cash」と呼ぶキャッシュバック機能。Apple Payで支払った金額の2%が「Daily Cash」として、ポイントではなく現金で払い戻される。Appleから購入した場合は3%がキャッシュバックされる。

また、プライバシーやセキュリティーも重視しており、アップル自身が個人情報の収集を行わないことも強調する。カード番号はApple Payに用いられる端末内のセキュリティチップに暗号化されて保存され、アップルはユーザーがいつ/何に/幾ら支払ったかを知ることはできないという。

Apple Payが利用できない店舗向けにチタン製カードの発行も行う。カード表面には所有者の名前だけが記載されており、カード番号やセキュリティーコードなどは内部のICチップのみに記録。利用期限や署名の必要も無い。チタンカードの支払いでは、支払い金額の1%がキャッシュバックされるとのこと。

Apple Pay非対応店舗でも使うことができるチタン製カードも発行する。外見は非常にシンプル

関連リンク

関連記事