他の決済サービス事業者の参画も促す

LINE Payとメルペイが業務提携、どちらかへ加盟している店なら相互利用が可能に

編集部:押野 由宇
2019年03月27日
LINE Pay(株)と(株)メルペイは、キャッシュレスの普及促進を目的とした業務提携に関する基本合意書を締結したことを発表した。

本提携を通じ、今後、両社の提供するモバイル決済サービス「LINE Pay」と「メルペイ」の加盟店の相互開放、および両社参画による加盟店アライアンス「MOBILE PAYMENT ALLIANCE(仮称)」を推進していく。

業務提携の背景として、多くの業種からスマートフォン決済事業への参入が相次ぎ、キャッシュレス化に向けた盛り上がりが加速する一方、サービスの乱立に伴い加盟店の対応負担増やオペレーション煩雑化、一般ユーザー視点での複雑さなどが発生していることが、日本のキャッシュレス社会実現のハードルとなっていると説明。

このした状況のなか、複数事業者でのアライアンス戦略を図ってきたLINE Payとメルペイは、「サービスを利用する加盟店やユーザーにとって真に利便性の高いモバイル決済サービスを提供し、キャッシュレス決済の普及促進を実現」すべく、業務提携を行うことに合意した。

今回の業務提携を通じ、まずは2019年初夏を目途に両社で「LINE Pay」と「メルペイ」の決済サービスを取り扱う加盟店を相互開放し、各サービスのユーザーが双方の加盟店で利用できるようになることを目指す。

さらに、両社は今回の提携趣旨・目的に賛同する他の決済サービス事業者の参画を促し、パートナーシップを拡大すべく、両社参画による加盟店アライアンス「MOBILE PAYMENT ALLIANCE(仮称)」を設立。今後、本取り組みを他事業者にも広げていくことにより、さらなるキャッシュレスの普及促進に貢献していくとしている。

関連リンク

関連記事