渋谷モディで5月6日まで

Xperia Ear Duoで『スパイダーマン:スパイダーバース』の世界を体感! ソニーの特別イベントを体験してきた

編集部:小野佳希
2019年03月25日
体感型イベント「The『スパイダーマン:スパイダーバース』Experience」が、渋谷モディ1階にある「ソニースクエア渋谷プロジェクト」で開催されている。このたび、映画公開を機に一部展示が入れ替えられ、新コンテンツ「Motion Game by Xperia Ear Duo」の公開がスタートした。


同イベントは、映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の世界をソニーの最新技術とともに楽しめるというもの。触覚提示技術(ハプティクス技術)によってコンテンツの内容に合わせて様々に座席が振動する「Haptic Floor Experience」など、ソニーの技術や製品を活用した様々な展示がなされている。

ハプティクス技術による振動装置を組み込んだ床と椅子がコンテンツ内容にあわせて振動する

1月31日からスタートしており(関連ニュース)、今回、これまで展示していた「キミもスパイダーマン」(Xperia XZシリーズにプリインストールされているアプリ「3Dクリエーター」を使って3D撮影した来場者の顔を映画の予告映像に合成するというもの)に代わって、新コンテンツ「Motion Game by Xperia Ear Duo」が登場した。

Xperia Ear Duoを装着して特別コンテンツを体験

この「Motion Game by Xperia Ear Duo」は、日本語吹替版主題歌「TK from 凛として時雨」の楽曲が流れる『スパイダーマン:スパイダーバース』映像を見ながら、主人公マイルス・モラレスになりミッションに挑戦するというもの。Xperia Ear Duoから聴こえてくる動きの指示と画面上に出る“Action”のタイミングに合わせて、ジャンプしたりしゃがんだり体を動かして応えていき、ミッションをクリアすると、登場人物たちが決めゼリフでお祝いしてくれる。

コンテンツ上映中に何度か“Action”の文字とXperia Ear Duoからの音声でジャンプしたりしゃがんだりといった動作を求められる

なお、このお祝いの決めゼリフは、日本語吹替版を担当した人気声優の小野賢章さん、宮野真守さんの声で聴くことができる。また、ミッションをクリアできるとガシャポンを回してオリジナルキャラクターフィギュアもプレゼントされる(ただし数量限定)。

ブラビア横のXperiaに得点が表示される

ガシャポンでは3種類のフィギアのうちどれかひとつが当たる

コンテンツのデモには、液晶テレビ“ブラビア”とサウンドバー、Xperia、そしてXperia Ear Duoを使用。Xperia Ear Duoの内蔵センサーを活用したモーションセンシング技術によって、ジャンプしたりしゃがんだりといった動作を伴う体験型コンテンツを実現している。本編の音声や効果音はサウンドバーが再生され、指示やお祝いの決めゼリフだけがXperia Ear Duoから聴こえるという仕組みで、耳を塞がず周囲の音も聴こえるという製品の特徴も体験できるようになっている。

コンテンツ中に要求されるアクションは、ジャンプ、しゃがむ、走る(その場で足踏み)、振り返るといったもの。やや大げさに大きめな動作にすることが、クリアのためのちょっとしたポイントだ。

会場には実際に映画の製作に参加した日本人CGクリエーター若杉遼 のサインも

劇中でマイルス・モラレスが履いているナイキ・エアジョーダンも展示されている

なお、内容はマイルス・モラレス編とピーター・パーカー編の2種類が存在する。マイルス・モラレス編をクリアした場合には小野賢章さんメインの決めゼリフ、ピーター・パーカー編をクリアで宮野真守さんメインの決めゼリフが聴けるようになっている。どちらでもミッションの難易度はそれほど高くないので、読者のみなさんもぜひトライして“イケボ”を聴いてみてほしい。

渋谷モディ入口の大型街頭ビジョン「ソニービジョン渋谷」ではスパイダーマンが渋谷の街に現れる特別映像も上映

イベント「The『スパイダーマン:スパイダーバース』Experience」の会期は5月6日までで、参加はもちろん無料。事前予約なども必要ない。

関連記事