プラットフォーム化で参加促す

ソニーがタクシー配車サービスに参入。AI活用、大手6社と共同で

編集部:風間雄介
2018年02月20日
ソニーとタクシー会社6社は、共同で配車サービスアプリを開発/運営する新会社を2018年春に設立する。

グリーンキャブ、国際自動車、寿交通、大和自動車、チェッカーキャブ、日の丸交通と組む。これらの6社で、都内最大規模となる計1万台のタクシー車両を所有している。新アプリでは、これら6社の枠を超えて配車サービスを提供。ユーザーが必要な時に必要な台数のタクシーを用意できるようにする。

ソニーは新会社へAI技術を提供し、タクシーの需要を予測する。またソニーペイメントサービス(株)が決済代行サービスを提供する。

なお、新会社のサービスはプラットフォームとして提供し、参加を希望する全国のタクシー事業者が利用できるようにする。また一つのサービス単位からフルパッケージのソリューションまで、各事業者が利用するサービスを選べるようにして、多くの事業者の参加を促す。

関連リンク

関連記事