東京ミッドタウンを第二拠点に

ソニー・ミュージック、市ヶ谷ビルと乃木坂ビルを売却。乃木坂スタジオは運営続行

編集部:小野佳希
2018年02月15日
ソニー・ミュージックエンタテインメントは、同社が所有するSME市ヶ谷ビル及びSME乃木坂ビルの敷地・建物を譲渡する売買契約を本日2月15日付けで締結したことを発表した。


両敷地・建物を譲渡したことを受け、同社は新たに第二拠点を「東京ミッドタウン」ミッドタウン・タワーの12〜15階に置く。なお、「SME乃木坂ビル」に入居するソニーミュージックスタジオ東京は、本譲渡による引渡後も、譲渡先との間で賃貸借契約を締結した上で、引き続き当該ビルにて運営する。

本件を受け、同社の親会社であるソニー(株)は2017年度第4四半期に約100億円の譲渡益を営業利益として計上する見込み。なお、2017年度通期の連結業績見通しについては、本譲渡及びその他の要因の影響も含めて、現在精査中だとしている。

関連記事