クロマキー合成用のバックスクリーンも発売

Elgato、PS4などのゲーム映像を4Kで録画/配信できるキャプチャーボード

編集部:押野 由宇
2018年02月13日
ソフトバンク コマース&サービスは、Elgato Systems(エルガトシステムズ)社が開発した、「PS4 Pro」および「Xbox One X」などのゲームプレイ映像を4K解像度で録画、ストリーミングができる「Elgato Game Capture 4K60 Pro」を2月16日に、クロマキー合成用のバックスクリーン「Elgato Green Screen」を4月13日に、AmazonおよびSoftBank SELECTIONオンラインショップで発売する。

「Elgato Game Capture 4K60 Pro」

Elgato Game Capture 4K60 Proは、現行モデルとなる「Elgato Game Capture HD60 Pro」と同様、ゲームプレイ動画を簡単にシェアできる手軽さはそのままに、4Kの高解像度映像の録画やストリーミングができるキャプチャーボード。価格はオープンだが、オンラインショップ販売価格は4万9,190円となる。

低レイテンシーテクノロジーでストリーム配信ができる“インスタントゲームビュー機能”を搭載したことで、“内蔵ライブストリーミング機能”を使えばクリック一つでYouTubeなどの動画共有サイトをはじめ、TwitterやFacebookなどのSNSにゲームプレイ映像をアップすることができる。

さらに、“ストリームコマンド”を使用してウェブカメラやオーバーレイなどを追加することで、シーンに合わせたストリームレイアウトをすぐその場で変更できるほか、“フラッシュバック録画機能”を使ってパソコン上で時間を戻し、録画ボタンを押すだけで時間をさかのぼって録画をすることも可能となっている。

対応解像度は4K60、1080p60、1080p30、1080i、720p60、720p30、576p、576i、480p。入出力はHDMIで、出力はラグのないパススルーに限る。パソコンはWindows 10(64bit)、CPUは第6世代Intel Core i7CPU/AMD Ryzen7以降に対応する。

Elgato Green Screenは、しわになりにくい素材を採用したクロマキー合成用のバックスクリーン。スクリーンサイズは148×180cmで、収納状態からは空気式のX‐フレームにより短時間でセットアップができる。オンラインショップ販売価格は1万9,980円(税込)。

「Elgato Green Screen」

スクリーンの素材はポリエステル 100%(DuPont社製ダクロン)で、質量は9.3kg。収納時のサイズは164.5×10.5×11.5cmとなる。
  • トピック
  • 4K

関連記事