実際の衣装展示も

銀座ソニービルで「4K歌舞伎」イベント開催

ファイル・ウェブ編集部
2013年03月12日
ソニーは、「『4K歌舞伎』〜ソニーの4Kで体験する、歌舞伎の世界〜」と題するイベントを銀座ソニービルで開催する。期間は3月25日(月)〜4月14日(日)で、展示時間は11時〜19時。


新しい歌舞伎座とオフィスビル「歌舞伎座タワー」から成る「GINZA KABUKIZA」グランドオープンを記念したイベント。

8階コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)では、200インチの大画面と5.1chサラウンド環境を用意し、ソニーの4K対応CineAlta(シネアルタ)カメラ「F65」で撮影した歌舞伎「義経千本桜」の舞台の一部と、市川猿之助と中村勘九郎のインタビューをまじえた内容を上映する。

1階エントランスホールでは、ソニーの4K撮影用カメラ CineAlta(シネアルタ)4Kカメラ「F65」、「F55」、「F5」の3台を展示し、ソニーの4K技術について紹介。歌舞伎「連獅子」の衣裳展示も実施する。

さらにソニーショールームでは、実際に市川猿之助が演じた佐藤忠信役の衣裳を展示し、4K対応液晶テレビ<ブラビア>で上映。展示されている衣裳を実際に付けている舞台の様子を視聴できる。その他、ソニー製品で歌舞伎の“美しさ”を撮影・上映する体験イベントも予定している。

イベントの詳細はこちらの公式サイトを参照のこと。

関連リンク

関連記事