「第4回DEGジャパン・アワード / ブルーレイ大賞」開催、ユーザー投票受付中

ファイル・ウェブ編集部
2011年12月28日
デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン(DEGジャパン)は、“2011年に発売されたBDソフトの中でBDの特長を最も活かした作品を表彰する「第4回DEGジャパン・アワード / ブルーレイ大賞」を開催。12月27日から一般ユーザーからのウェブ投票も受け付けている。

第4回目となる今回は、邦画のブルーレイソフトが数多く発売されている現状を踏まえ、エントリーカテゴリーのベスト高画質賞の映画部門を邦画と洋画とに細分化。さらに、過去の名作が続々とブルーレイ化されていることから、昨年の”ベストレストア賞”を“ベストレストア/名作リバイバル賞”へ名称変更した。

審査員による投票のほか、一般ユーザーからのweb投票も受け付けており、最も多くの支持を集めたタイトルは「ユーザー大賞」として表彰される。投票はこちらから行える。

関連記事