AR情報をタッチしての追加情報取得なども可能

ソニー、QRコード等が不要なAR技術「SmartAR」を開発 − 体験イベントも実施

ファイル・ウェブ編集部
2011年05月19日
ソニーは、QRコードなどが不要な拡張現実感(AR)技術「SmartAR(スマートAR)」を開発した。

同技術では、2次元バーコード等のマーカーを必要としないマーカーレス方式を実現。物体自体を高速認識し、カメラの動きに付加情報を高速追従させ、現実の3D空間上に広がりをもって表示できる。

さらに、ARを読み取ってスマートフォン等の画面上に表示された情報に直接触れることで新たな情報を取得・操作できる「ARインタラクション技術」も搭載。これにより、例えばレストランなどのメニューのページをスマートフォン上で仮想的にめくっていくなどといった使い方をマーカーレスで行える。

サービスの利用イメージ(メニューの仮想的なページをめくるシーン)

下記は同社が公開しているデモムービー。ARで表示されたポストペットが部屋の中を歩き回る様子などを見ることができる。



同社では従来から研究開発を進めてきた、写真やポスターなど一般的な物体を認識する「物体認識技術」と、“AIBO”や“QRIO”などのロボット開発で培ったソニー独自の「3D空間認識技術」を統合することで本技術を実現したという。

快適で自然なAR表示を行うため、カメラの動きへの高速追従性を装備。また、3D空間認識性能を有し、現実空間の3D構造を認識して仮想空間の物体と融合させる。これにより、ARのきっかけとなる対象画像を大きくはみ出すほどの巨大な仮想キャラクターなどの場合でも、 カメラを動かすことで全体を把握することができる。仮想物体が現実の3Dの空間に、まさに存在するような動きを演出することができるとしている。

なお、同社では本技術を体験できるデモンストレーションイベントを明日5月20日から22日までの3日間、銀座ソニービルにて開催する。イベントの詳細は下記の通り。

開催期間:2011年5月20日(金)〜5月22日(日)
開催時間:11:00 〜 19:00
開催場所:ソニービル 東京都中央区銀座5-3-1

関連リンク

関連記事