オレンジ色LEDを採用

ヤマハ、電子楽器「TENORI-ON」に実売7万円のスタンダードモデルを追加

Phile-web編集部
2009年11月05日
ヤマハ(株)は、LED内蔵ボタンをインターフェースとする電子楽器「TENORI-ON(テノリオン)」のスタンダードモデル“TENORI-ON”「TNP-O」を12月1日より発売する。価格はオープンだが、70,000円前後での販売が予想される。


TNP-O
TENORI-ONはヤマハの電子楽器技術と国際的に活躍するメディアアーティスト岩井俊雄氏のアイディアを組み合わせたコラボレーション製品。正方形のフレームの内側にLED内蔵のボタンを縦横16個配置したユニークな形をしている。ボタンを押すことによって音が鳴るしくみで、音楽の知識がなくても視覚的・直感的に演奏することができる。

2008年5月に発売された第1弾モデル(関連ニュース)では白色LEDを使用していたものを、「TNP-O」ではオレンジ色LEDに変更。またマグネシウム合金のフレームをプラスティックにしたほか、裏面にも配置されていたLEDを省略するなどし、低価格化を実現した。演奏方法などは変わらない。

主に楽器店などで発売するほか、公式ウェブサイトでも販売する。

関連記事