「instax-Richモード」を新搭載

富士フイルム、大きくプリントできるスマホ用チェキプリンター「instax Link WIDE」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2021年10月13日
富士フイルムは、スマートフォンで撮影した画像を印刷できるプリンター「instax Link WIDE」を10月22日に発売する。本体はアッシュホワイトとモカグレイの2色展開。価格はオープンだが、税込17,800円前後の実売が予想される。

「instax Link WIDE」

専用アプリからBluetooth接続でスマートフォンの画像をプリントできる製品。「もっと大きくプリントしたい」というユーザーの要望により、通常サイズの2倍となるワイドフォーマット(86mm×108mm)に対応したモデルとなる。既発売のホワイトに加えて、黒フレームのワイドフィルム(¥OPEN・予想税込1,800円前後/10枚)も新たに用意される。

ワイドフォーマットフィルム 「BLACK(ブラック)」

チェキならではの柔らかい風合いが楽しめる「instax-Naturalモード」に加え、色彩をより豊かに表現できる「instax-Richモード」を新たに搭載。また、音声メッセージやテキストメッセージ、地図上の位置情報、WEBページのURLなどのQRコードを組み込める機能を備える。

instax-Naturalモード(左)/instax-Richモード(右)

デザインテンプレートとして、誕生日やウェディングなどのイベントに最適なデザインなど、合計29種類を搭載する。ワイドフォーマットに対応するアルバムやアクリルフォトフレームも別売で用意するなど、プリント後の楽しみ方にも配慮している。

本体は小型・軽量・シンプルを意識して使いやすい操作性を追求。ACアダプターも不要となっており、USB充電で約100枚のプリントが行える。外形寸法は139mm×127.5mm×33.7mmで、質量は349g。専用のスタンドとハンドストラップも付属する。なお、同社デジタルカメラ「FUJIFILM X-S10」のみ、カメラからの直接印刷に対応する。

プリンターを立たせて使用可能

関連記事