カスタムセンサーや最大6.5段手ブレ補正を搭載

富士フイルム、手持ち撮影性能も向上した“高機動力”中判ミラーレス「GFX 50SII」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:成藤 正宣
2021年09月02日
富士フイルムは、ラージフォーマットセンサーを搭載する中判ミラーレスデジタルカメラ “GFXシリーズ” の新モデル「GFX 50SII」を9月29日より発売する。価格はオープンだが、ボディ単体が税込495,000円前後、「GF35-70mm F4.5-5.6 WR レンズキット」が税込548,900円前後での実売が想定される。

「GFX 50SII」(「GF35-70mm f4.5-5.6 WR」装着)

フルサイズセンサーの約1.7倍の面積を持つ、5,140万画素 43.8×32.9mmラージフォーマットCMOSセンサーを採用するモデル。GFXシリーズのフラグシップモデルである「GFX 100S」からセンサーを除いた多くの機能やデザインを継承し、質量約900gの小型軽量ボディ、強力な手ブレ補正や高性能AFなどにより、ラージフォーマットセンサーならではの高画質撮影を幅広い場所で楽しめるとする。

5,140万画素のセンサーには、表面に敷き詰められたマイクロレンズに独自のカスタマイズを実施。マイクロレンズの形状や配置を工夫することで、他の5,000万画素クラスのカメラと比較しても非常に高い解像力を備えたという。

またボディ内防振機能では、11種類のGFレンズとの組み合わせにおいて6.5段の手ブレ補正を実現。オートフォーカス速度も、ほぼすべてのGFレンズとの組み合わせにおいて0.5秒以内を実現し、手持ち撮影/スナップ撮影の安定性を高めている。

映像エンジンはX-processor 4を採用。全19種類の「フィルムシミュレーション」や、約2億画素の超高精細映像を生成できる「ピクセルシフトマルチショット」、9枚多重露出撮影、低輝度優先AF/AF-S、フォーカスリミッターといった多彩な機能を搭載する。

筐体には高強度のマグネシウム合金を採用し、特に負荷のかかりやすいマウント周辺部は十分な厚みをもたせて強化。さらに60ヶ所に施したシーリングにより、防塵/防滴/耐低温性を備えた。

天面にはモードダイヤルや静止画/動画モード切り替えスイッチ、シャッタースピードなど主要な撮影情報を確認できるサブ液晶モニターを配置。背面にはフラットな形状のフォーカスレバーや、3方向チルト対応/視野率100%の3.2型液晶モニターを搭載する。

天面にはモードダイヤルやサブモニター、背面にはフラットなフォーカスレバーやチルト対応モニターを備える

レンズキットに同梱する「GF35-70mm F4.5-5.6 WR」は、GFX 50SIIとの組み合わせを想定し利便性/携帯性を高めたモデル。35mm判換算 28-55mm相当をカバーすることで幅広い撮影シーンに対応でき、沈胴構造やアルミ製のレンズマウントの採用などにより質量約390g/広角端の長さ約96.4mmというサイズ感に収めている。

キットレンズ「GF35-70mm F4.5-5.6 WR」は小型軽量の沈胴式ズームレンズ

GFレンズとしての画質も妥協せず、特に中心部では「GF32-64mm F4」と同等の解像性能を発揮するとしている。なお、本レンズは2021年11月から単品発売も予定されており、税込146,300円前後での実売が想定される。

関連記事