キヤノン、富士フイルム、ニコンと協業

TASCAM、ミラーレスカメラ対応XLRカメラアダプター「CA-XLR2d」

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブ編集部・筑井真奈
2021年08月18日
TASCAMは、キヤノン、富士フイルム、ニコンのミラーレスカメラ対応XLRマイクアダプター「CA-XLR2d」の開発を進めており、2021年内の出荷開始を予定していると発表した。カメラメーカーのノウハウとTASCAMの音声収録技術を結集した共同企画開発製品となっている。価格は未発表。

ミラーレスカメラは業務用途で使用されるマイク端子およびそれに準じたマイクプリアンプを備えていないため、音声品質には限界があった。このアダプターは、ミラーレスカメラにXLR入力を拡張し、高性能マイクプリアンプによる音声をダイレクト伝送するもので、音声はカメラの動画ファイルに記録される。

XLR入力は2系統搭載。高性能HDDA(High Definition Discrete Architecture)マイクプリアンプを搭載し、高音質、低ノイズ、広いダイナミックレンジを実現するという。また、キヤノン、富士フィルムの対応機種においては、高性能ADコンバーターの使用と、カメラ本体からの電源供給も可能。

キャノンキット(CA-XLR2d-C)は、キャノンのマルチアクセサリーシューに対応。業務用デジタルビデオカメラ「XF605」のマルチアクセサリーシュー接続にも対応予定で、カメラ本体に標準された2系統に加え、最大4系統のXLR入力を実現する。

CA-XLR2d-C with EOS R3

CA-XLR2d-C with XF605

富士フイルムキット(CA-XLR2d-F)はデータ通信対応ホットシューに適合したものとなっている。

CA-XLR2d-F with FUJIFILM X-T4

CA-XLR2d-F with FUJIFILM X-S10

アナログインターフェースキット(CA-XLR2d-AN)はニコンと共同企画開発により実現したもの。アナログ出力とカメラのマイク入力をオーディオケーブルで接続することで、従来のアナログによる音声伝送が可能としている。

CA-XLR2d-AN with Nikon Z 6II

CA-XLR2d-AN with Nikon Z 7II

関連リンク

関連記事