スタジオ放送レベルの品質提供

EPOS、ゲーマー向け配信用マイク「B20」。4種の指向性で様々なシーンに対応

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:押野 由宇
2021年06月01日
EPOSは、ゲーマー向け配信用マイク「B20」を本日6月1日より発売開始した。価格は26,800円(税込)。Windowsパソコン/Mac/PS4に対応する。

「B20」

スタジオレベル並みのより高い品質を求めるゲーマー、配信者、コンテンツクリエイター向けに開発されたマイク。48kHz/24bitに対応し、不要なバックグランドノイズを低減。同社の115年におよぶオーディオエンジニアリングの経験を活かし、暖かみがある深い低音域と、豊かで明瞭なボーカルを犠牲にすることなく、際立つ高音質を提供するとしている。

使用イメージ

マイク本体にはボリューム、ゲイン、ミュートボタンを搭載。マイクのオン/ミュート状態が一目でわかるLED表示機能も備える。ヘッドフォン端子も装備しており、リアルタイムで音声、ゲームオーディオとのミックス状況をモニターできる。

ボリューム、ゲイン、ミュートボタンを搭載

さらに、4つの集音指向性パターンを状況に応じて選択し、最適な音声入力をカスタマイズ可能。単一指向性(カーディオイド)、ステレオ、双指向性(バイディレクショナル)、無指向性(オムニディレクショナル)の中から、たとえばゲーム配信を1人、2人、多人数チームで行うといったユーザーの状況に合わせたセッティングが選べる。

ボディは同社プレミアムオーディオ製品ラインと同じ高品質素材を採用。高耐久かつ軽量なアルミ製で、スタイリッシュでエルゴノミックなデザインとした。またデスクスタンドが付属するため、安定した設置と微調整が可能。3/8インチねじに対応するブームアームもオプションで用意され、より細かな位置調整にも対応する。

接続はUSB-C – USB-Aケーブルで行えるため、シンプルにセットアップが行える。加えて「EPOS Gaming Suite」ソフトウェアをダウンロードすることで、ノイズリダクションやマイクEQの調整、リバーブコントロールなどの詳細なカスタマイズができるようになる。


関連リンク

関連記事