GFX 50S/GFX 50R/GFX100の3モデル

フジフイルム、「GFXシリーズ」“史上最大”のアップデート。フィルムモード追加やAF改善など

編集部:平山洸太
2020年06月30日
富士フイルムは、同社中判デジタルミラーレス一眼カメラ「GFXシリーズ」の3モデル「GFX 50S/GFX 50R/GFX100」において、“史上最大”とするファームウェアアップデートを6月30日より提供開始する。アップデート後のバージョンは、GFX 50SがVer. 4.00、GFX 50R/GFX100がVer. 2.00。

「GFX100」にNinja Vを装着

アップデートでは、3モデルにおいて「フィルムシミュレーション」を拡充。クラシックネガモードを新搭載するほか、GFX100に「ETERNAブリーチバイパス」「カラークロームブルー」を、GFX 50S/GFX 50Rに「ETERNA」モードを搭載する。また、GFX 50S/GFX 50Rの2機種において、GFX100に搭載されている「スムーススキンエフェクト」を搭載する。

オートフォーカスの改善も行われ、GFX100では低照度-5EVでの位相差AFを実現。GFX 50S/GFX 50Rにおいても、AF時の露光時間を延ばすことで暗時のAF精度を向上させる「AF-S時低輝度優先AF」モードを新たに追加する。

顔・瞳AF性能は3モデルともに改善が行われ、複数人を撮影するときの検出精度や安定性が向上するとのこと。またフォーカスブラケティングにオートモードが追加され、撮影の始点・終点と撮影間隔を設定することで、カメラがコマ数とステップを自動設定できる。

そのほか、3モデルにおいて一部のテザー撮影対応ソフトを使用する際に、PC上から静止画撮影の露出条件(シャッタースピード/絞り/ISO感度/露出補正)の設定変更が可能に。カメラ内で付与したレーティング情報が一般的なソフトで見られるようにもなる。

また、GFX 50S/GFX 50Rにおいて、SDカード内の1フォルダ当たりの保存可能枚数の上限が、999枚から10倍の9,999枚に増加。GFX100ではジンバル・ドローンとUSB通信することによる、動画撮影の開始・終了、露出条件の変更といった制御や、ATOMOS社のHDMIフィールドモニター/レコーダー「NINJA V」へ、最大4K/29.97P 12bitの動画RAWデータ出力が可能になる。

関連記事