高倍率ズームレンズも同時発表

キヤノン、8K動画/20fps連写対応の新ミラーレス「EOS R5」開発発表。ボディ内手ブレ補正も

編集部:平山洸太
2020年02月13日
キヤノンは、8K動画などに対応する新カメラ「EOS R5」を開発すると発表した。詳細な仕様をはじめ、発売時期や価格は未定となっている。

「EOS R5」

EOS R5では8K動画に加えて、電子シャッターで20fps、メカシャッターで12fpsの高速性能を搭載。ボディ内手ブレ補正も備えており、光学ISとの協調で大幅にIS性能を向上させるという。

さらにメモリーカードはデュアルスロット対応に。新サービス「image.canon」にも対応し、PCを使用せずに直接クラウド上に自動画像送信が行える。

そのほか、RFレンズとエクステンダーの開発も明かされた。レンズでは「RF100-500/4.5-7.1 L IS USM」、エクステンダーでは「Extender RF1.4x」「Extender RF2x」の3機種が開発発表となっており、高倍率撮影が拡充されるかたちだ。

「RF100-500/4.5-7.1 L IS USM」

関連リンク

関連記事