約1.4万円で12月下旬発売

キヤノン、カラビナデザインの“新コンセプトカメラ” 「iNSPiC REC」

編集部:平山洸太
2019年12月05日
キヤノンは、カラビナデザインで気軽に持ち歩ける “新コンセプトカメラ” 「iNSPiC REC(インスピック レック)」を12月下旬に発売する。価格はオープンだが、同社直販サイトでは13,800円での販売を予定する。カラーはブルー/ピンク/グリーン/ダークグレーの4色を用意する。

「iNSPiC REC」

4色をラインナップする

手のひらサイズの小型軽量とカラビナデザインで携帯性を追求したカメラ。水深2mで30分の防水と、IP68の防塵、2mの耐衝撃性能を備えており、アウドドア、スポーツ、海、子どもの使用といった様々なシーンで気軽に使用できるとしている。

カラビナ部分はファインダーとして利用可能。背面にはディスプレイを搭載しないことで、「撮影した写真を後から見返す楽しさ」を提案するとのこと。スマートフォンとBluetooth接続することで、専用のスマートフォンアプリ「Canon Mini Cam」から画像確認や転送、リモート撮影などが行える。

背面イメージ

デザインとして、本体前面のフェイスジャケットは着せ替えをすることができる。3種類のジャケットがセットになった「FP-301」(12月下旬発売)を税抜1,980円で用意する。

「FP-301」は3つのデザインがセットになっている

きせかえが可能

有効画素数は約1,300万画素で、1/3型のCMOSセンサーを搭載。焦点距離は25.4mm相当(35mm換算)で、撮影可能距離は50cmから。ISO感度は100 - 3200(オート)に対応し、動画時には電子手ブレ補正も利用できる。

動画の記録形式はMP4、記録画質はフルHD 60pに対応。内蔵バッテリーは充電式で、動画では約60分、静止画では約1000枚が行える。また充電端子はmicroUSBとなっており、充電時間は約180分。

本体の大きさは110.5W×45.2H×18.5Dmmで、質量は約90g(フェイスジャケットを含む)。記録媒体にはmicroSD(最大256GB)を採用する。

関連リンク

関連記事