アクションカメラ最大の1インチセンサーも

Insta360、モジュール式でカスタム可能なアクションカメラ「ONE R」

編集部:平山洸太
2020年01月07日
中国Shenzhen Arashi Vision社は、モジュール式のアクションカメラ「Insta360 ONE R」を発売する。直販サイトでは本日より予約を開始し、価格はツイン版のセット(4K 広角モジュール+360度モジュール)が59,400円(以下、いずれも税込)、1インチ版(1インチ広角モジュール)が68,200円、4K版(4K 広角モジュール)が39,600円。

「Insta360 ONE R」(4K Wide Angle Mod装着時の状態)

Insta360 ONE Rは、レンズモジュール、コア、バッテリーベースといった3つの部品からなるモジュール式を採用することで、撮影したいイメージに合わせてカスタマイズが可能なアクションカメラ。レンズユニットは下記の3種類を用意する。

Insta360 ONE Rをバラバラにした際の端子部

接続端子部

・「4K 広角モジュール」(焦点距離:16.4mm [35mm判換算]/絞り:F2.8)
・「360度モジュール」(焦点距離:7.2mm [35mm判換算]/絞り:F2.0)
・「1インチ広角モジュール」(焦点距離:14.4mm [35mm判換算]/絞り:F3.2)

4K 広角モジュールは、超広角レンズを搭載し、最高4K(4,000×3,000)/30fpsの動画撮影に対応する。360度モジュールは前後にレンズを備えるVRカメラで、最高5.7K(5,760×2,880)/30fpsの動画撮影が可能だ。

創業者の劉靖康氏

そして1インチ広角モジュールは、アクションカメラ史上最大という1インチのセンサーを搭載。また、Leica社共同開発のレンズを搭載する。センサーが大きいことで、細部まで綺麗に捉えられるほか、暗所撮影にも強いとのこと。最高5.3K(5,312×2,988)/30fpsの動画撮影が行える。

モジュール式として、3つのユニットを組み合わせている

各部の名称と役割

レンズモジュールと接続する「コア」と呼ばれるモジュールには、タッチパネル式の液晶ディスプレイを搭載。側面にはUSB Type-C端子とmicroUSBスロットを備え、ここから充電や通信などを行うかたちとなっている。USB Type-Cから3.5mmの変換アダプターを使用することで、外付けマイクにも対応する。

レンズモジュールとコアに加えてバッテリーベースをセットすることで、カメラとして動作する設計となっている。バッテリーは標準のものに加えて大容量のものもオプションとして用意。なお、モジュール式ながらも、組み合わせた状態で5mの潜水が可能なIPX8の防水性能も備える。

ケースなしでのIPX8の防水性能も備える

そのほか、音声での本体コントロールや、FlowStateといった手ブレ補正に対応。スターラプスモードやストップモーション、バレットタイムなどの撮影機能にも備える。また本体にBluetoothとWi-Fiを備えており、アプリを使用することでAIによる自動編集なども行える。

関連リンク

関連記事