クロップなし4K動画にも対応

キヤノン、約3250万画素APS-Cミラーレス一眼「EOS M6 Mark II」。30コマ/秒のバーストモードも

編集部:平山洸太
2019年08月28日
キヤノンは、レンズ交換式カメラの新製品として「EOS M6 Mark II」を9月下旬に発売する。ボディカラーはシルバーとブラックの2色で、レンズキットなど4種類のキットが用意される。

「EOS M6 Mark II」

ブラックとシルバーがラインナップされる

ボディ:¥オープン(予想実売価格115,000円前後)
18-150キット:¥オープン(予想実売価格157,500円前後)
Wズームキット:¥オープン(予想実売価格152,500円前後)
18-150 EVFキット:¥オープン(予想実売価格172,500円前後)
Wズーム EVFキット:¥オープン(予想実売価格167,500円前後)

「趣味でもファミリーシーンでもオールマイティに活躍する」というコンセプトのAPS-Cミラーレスカメラ。撮像素子には、APS-Cサイズで世界最高となる約3,250万画素のCMOSセンサーを初搭載。スポーツや動物など、トリミングが必要になる離れた被写体でも活躍するとしている。常用感度はISO100-25600で、拡張ではISO51200に対応する。また画像処理エンジンにDIGIC 8を搭載する。

上部イメージ

連続撮影は最高14コマ/秒(AF/AE追従)で、ブラックアウトしないため不規則な動きの被写体も捉え続けられるとのこと。またEOS初となる「RAWバーストモード」により、AF追従で最高約30コマ/秒(AF追従)の撮影にも対応する。さらにプリ撮影機能を使用することで、シャッターボタンを押す最大0.5秒前からの記録にも対応する。

RAWバーストモードをEOS初搭載

シャッタースピードはメカシャッター(先幕/後幕)は最高1/4000。電子シャッターでの撮影も新しく可能となり、この場合は1/16000での撮影が行える。背面ディスプレイはチルトに対応し、大きさは3.0型、画素数は約104万ドット。ファインダーは外付けによって対応し、従来機と同様の「EVF-DC2」が対応する。

液晶モニターはチルト式

ファインダーを装着した様子

AFでは像面位相差AF「デュアルピクセルCMOS AF」によって、AF範囲は表示範囲の横約88%・縦約100%をカバーし、従来の横約80%・縦約80%から拡大した。また自動選択時のAFエリア分割数においても、従来の最大99分割から最大143分割まで増加している。低輝度合焦限界はEV-5で、動画撮影時においても4KでEV-2.5、フルHDでEV-3に対応する。

瞳AFはサーボAF/動画サーボAFともに利用可能。ワンショットAFとサーボAFを自動で切り替える「AIフォーカスAF」にも対応する。測距エリア選択モードは1点AF、ゾーンAF、顔+追尾優先AF、スポット1点AFの4つから選ぶことができる。

操作性では、親指AFをサポートするAFスタートボタン、MF/AFのフォーカスモードスイッチを搭載。サブ電子ダイヤルでは、一眼レフと同じように、待機画面におけるダイレクトな露出補正操作が行える。ファインダー装着時には、AFポイントをのぞきながら変更できるタッチ&ドラッグの利用も可能となっている。

背面イメージ

動画性能では、4K 30p/25pの撮影に新対応。クロップする/しないは選択可能だ。またフルHD 120p/100pのハイフレームレート撮影に対応する。外形寸法は約119.6W×70.0H×49.2Dmmで、質量は約408g。USB Type-C端子も搭載し、EOS Mシリーズ初のUSB充電にも対応する。またネットワーク面では、Wi-Fiに加えてBluetooth Low Energyも備えることで、アプリからの画像取り込みや自動送信も可能。

ポップアップ式のフラッシュを搭載する

端子にはUSB Type-Cを採用

同社では、発売を記念してキャッシュバックキャンペーンも実施する。期間中に対象商品を購入・応募することで、ボディは10,000円分、その他キットは20,000円分のVisaギフトカードがプレゼントされる。対象購入期間は9月下旬の発売日から2020年1月14日まで。

関連リンク

関連記事