約5段分の手ぶれ補正に対応

キヤノン、光学10倍ズームのRFレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」

編集部:平山洸太
2019年07月09日
キヤノンは、EOS Rシステムの交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、光学10倍の高倍率ズームレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を9月上旬に発売する。価格はオープン。なお直販ストアでは120,000円(税抜)で販売される。

「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」

RFレンズでは従来、ズームレンズでは「RF28-70mm F2 L USM」「RF24-105mm F4 L IS USM」の2本がラインナップされていた。いずれも高級シリーズ “Lレンズ” でのラインナップだったが、今回はじめて通常ラインとしてズームレンズが加わるかたちとなった。

広角24mmから望遠240mmまでをカバーする光学10倍ズームに対応。F値は4-6.3となっているほか、手ぶれ補正を搭載することで、シャッター速度換算で約5段分の手ぶれ補正に対応する。

RFマウントの特徴とする「大口径・ショートバックフォーカス」を活かし、レンズ群の後端(カメラ側)に大きなレンズを配置。これにより、画面の中心部から周辺部までの高い描写性能を実現しつつも、小型・軽量を両立したとしている。

MTF特性図

光学構成図

レンズ構成は15群21枚で、写真の色にじみを除去する「UDレンズ」や、非球面レンズも搭載。絞りは7枚羽の円形絞りで、F36までの最小絞りに対応する。また最短撮影距離は0.5mで、240mm時の最大撮影倍率は0.26倍。

AFの駆動には、超音波モーター「ナノUSM」を搭載することで、AFの高速化が図られた。カメラに搭載する「デュアルピクセルCMOS AF」(各画素が撮像と位相差AFの両機能を兼ねる技術)と組み合わせることで、静止画時の高速・高精度なAFのみならず、動画撮影においても滑らかなAFが行えるとしている。

ナノUSM

最大径は約φ80.4mmで、長さは122.5mm。また質量は約750g。そのほかフィルター径は72mmとなっている。

関連記事