リアカメラの単体発売も

Garmin、夜間撮影に強い「ナイトチューニング」搭載2カメラドライブレコーダー

編集部:平山洸太
2019年06月06日
ガーミンジャパンは、前後方2カメラのドライブレコーダー「DASH CAM 46Z」を6月20日に発売する。価格は24,800円(税抜)。またリアカメラ単体「DASH CAM mini」も同日から12,800円(税抜)にて発売となる。

「DASHCAM46Z」

DASH CAM 46Zは、フロントカメラ「DASH CAM 46」とリアカメラ「DASH CAM mini」をセットにした製品。2台をBluetoothで連携することで、前後方向の映像を同時に記録できる。それぞれ運転の視界を邪魔しないコンパクトサイズを追求したとしており、フロントカメラは56W×40H×21Dmm、リアカメラのサイズは32W×50H×30Dmm。

DASH CAM 46

DASHCAMmini

独自の映像処理ソフトウェア「ナイトチューニング」により、夜間走行時の道路状況や後方車のナンバープレートの記録に配慮。夜間でも鮮明な映像の記録が可能とする。前後カメラそれぞれに16GBのmicroSDカード(付属)を内蔵することで、解像度1080pでは前後それぞれ約1.8時間、720pでは約4.5時間の記録が可能。

ナイトチューニングなし(左)、あり(右)の比較

またスマートフォンとのWi-Fi接続にも対応し、アプリ「Garmin Drive」を使用することで、前後方向カメラの同期、映像の編集・出力、前後映像の同時/個別出力が行える。いずれもインターフェースとして、microUSB端子を搭載する。

フロントカメラのDASH CAM 46のレンズ視野角は対角124度で、明るさはF2.0。イメージセンサーには210万画素のCMOSを搭載する。フレームレートは29fps、背面には2.0インチのTFT液晶を搭載する。運転支援機能では、前方衝突警告、車線逸脱警告、発進確認警告、スピードカメラアラート、パーキングモードに対応。ボイスコントロールや、スピードや位置などを記録するGPSも搭載する。バッテリーも内蔵で、質量は60g。

側面端子部

DASH CAM 46の画面表示イメージ

またリアカメラのDASH CAM miniは、フロントと同じく対角124度でF2.0のレンズを搭載。イメージセンサーも同じく210万画素のCMOSを搭載し、フレームレートは29fps。ディスプレイは搭載しない。内蔵バッテリーとしてスーパーキャパシタを搭載し、質量は22.5g。

関連リンク

関連記事