内蔵マイクのS/Nも向上

ブラックマジックデザイン、「Pocket Cinema Camera 4K」アップデートでAF性能を改善

編集部:押野 由宇
2019年02月05日
Blackmagic Designは、同社がラインナップするデジタルカメラ「Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K」の新アップデート「Blackmagic Camera 6.1」を発表した。

「Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K」

このアップデートでは、内蔵マイク使用時のオーディオ収録を大幅に改善。カメラの各側面のデュアルマイクからのオーディオを分析して処理するようになったことで、ノイズフロアが大幅に下がり、以前と比較して静かな収録が可能になったとしている。

またオーディオモニタリングにおける遅延を削減。オーディオとビデオの同期に微調整が行われたことに加え、3.5mmオーディオ入力選択のインターフェースが直感的に使用できるようになったことから、従来以上に早く使用できるようになったという。

オートフォーカスの性能も改善され、以前に比べレスポンスが早くなり、精度が上がったため、カメラが焦点を合わせる時間が大幅に削減されたとする。ほか、メディアフォーマットのインターフェースを新しくすることで、操作を誤ってのメディアフォーマットに対処している。

さらに、新機能としてピクセルキャリブレーションを搭載。時間が経過するにつれ、一部のピクセルの明るさが変化してしまいセンサーにわずかなバラつきが生じることがあるのに対し、キャリブレーションで各ピクセルの光の出力を再調整することで、様々な環境下での撮影を可能とした。

ほか、2:1モニタリングフレームガイドを追加。省電力機能によりバッテリー駆動時間が10〜15%向上し、残量インジケーターの精度も上がった。

関連記事