本日予約開始

“ジンバル級”手ぶれ補正の「Insta360 ONE X」国内発売、ダーツのように投げて撮影も。52,300円

編集部:平山洸太
2018年10月10日
Insta360は、“ジンバル級”の手ブレ補正が行える「FlowState」機能を搭載したカメラ「Insta360 ONE X」を発表した。価格は52,300円(税込)で、本日からInsta360公式サイトとハコスコで予約が開始される。

「insta360 ONE X」

360度の撮影が可能な全天球カメラ。明るさF2.0のレンズを搭載し、写真は1,800万画素、動画は最大で5.7K(30fps)の撮影が可能。そのほか動画は、4K(50/30fps)、3K(100fps)撮影に対応している。写真のフォーマットはinsp、jpeg、dngで、動画のフォーマットはinsv、MP4(H264)、LOG。jpegとMP4は、アプリからの変換となる。

撮影モードは静止画が360度写真、タイマー360度写真、インターバル360度写真、RAW 360度写真、HDR 360度写真の5つ。動画は360度動画、タイムラプスモード、バレットタイム、Log 360度動画モードを備える。バレットタイムは前モデルの「insta360 ONE」から進化し、3K画質での撮影に対応したほか、より広角での撮影が可能になったという。ISO感度、EV値、ホワイトバランス、シャッター速度などの手動調整も行える。

使用イメージ

ライブ配信にも対応し、360度のライブ配信に加え、見せたい部分を選べる『FreeCast』の2モードから選べる。

手ぶれ補正には、“ジンバル級手ブレ補正”と謳う『FlowState』手ブレ補正を搭載。「すべての角度の動きを分析することで、今までにない手ブレ補正を実現する」としている。またバッテリーには1,200mAhの交換式バッテリーを採用し、5.7K(30fps)の撮影で約60分の撮影が可能となっている。なおフルまでの充電時間は60分。

使用イメージ

専用アプリでは編集も行える。好みの場面を360度映像から選ぶ、映画風のフィルターをかける、などの処理が行える。また新機能として「TimeShift」を搭載し、撮影した映像の好きなところを、好きな再生速度に編集することも可能。Wi-FiとBluetoothに対応し、アプリからプレビュー・遠隔操作・転送を行うコトも出来る。

また本製品を自撮り棒につけて撮影すると、自撮り棒が自動的に消されて撮影される機能も引きつづき搭載。空中に浮いて、周りを撮影しているような映像を撮影することで、ドローンを使用せずとも空撮のような映像が撮影できる。さらに本製品は投げて撮影することも可能とアピール。これは専用アクセサリー「ドリフトダーツ」を取り付けることで行えるという。

「ドリフトダーツ」

その他のアクセサリーとして、5m防水の「防水ケース」、30m防水の「潜水ケース」、撮影時にGPS情報を記録する「GPSスマートリモコン」が発売される予定。

外形寸法は48W×28H×115Dmmで、質量は115g(バッテリー含む)。インターフェースはMicro USBで、最大128GBまでのSDカードが使用できる。

関連リンク

関連記事