最新「DIGIC 8」搭載

キヤノン、光学40倍ズームで4K動画撮影も対応のコンデジ「PowerShot SX740 HS」

編集部:成藤正宣
2018年07月31日
キヤノンは、光学40倍の高倍率ズームに対応し、最新映像エンジン「DIGIC 8」を搭載したコンパクトデジタルカメラ「PowerShot SX740 HS」を8月30日に発売する。オープン価格だが、48,500円前後での販売が予想される。

「SX740 HS」(ブラック/シルバー)

同社の高倍率ズーム搭載コンデジ「PowerShot SXシリーズ」の新モデル。薄型ボディに約2,030万画素の1/2.3型CMOSセンサーと、焦点距離24mm〜960mm(35mm判換算)相当の光学40倍ズームレンズを搭載。デジタルズームの「プログレッシブファインズーム」と組み合わせることで、約80倍までの拡大撮影を行える。

デジカメとしては高倍率の光学40倍ズームが可能

「DIGIC 8」は今年発売の同社ミラーレス一眼「EOS Kiss M」から採用された最新映像エンジンで、白トビ補正や豊かな階調処理を行う「オートライティングオプティマイザ」も利用できる。また本機は、キヤノンのコンデジとして初めて4K動画の撮影に対応。4K 30p/25pでの撮影が行える。動画からのフレーム切り出しも可能。さらにタイムラプス動画の撮影も行える。

「EOS Kiss M」で採用されたばかりの「DIGIC 8」をコンデジでは初搭載する

映像エンジン刷新により撮影スピードも向上しており、レリーズタイムラグは約0.05秒、次の撮影までの間隔は約0.4秒。最大連写スピードもAF固定時で約10コマ、AF追従時に約7.4コマと、シャッターチャンスを逃さず撮影を楽しめるとしている。

また、CMOSセンサーの画像情報とジャイロセンサーによるブレ検知を組み合わせ、高精度なブレ補正を行う約3.5段の「デュアルセンシングIS」も搭載。従来機種よりブレ補正の性能が約0.5段分向上し、ゆっくりとした体揺れにも強くなったとしている。

「デュアルセンシングIS」により手ブレ性能も向上している

画作り機能に関しては、従来のコンデジで搭載されていた「マイカラー」に代わり「スタイル設定」機能を採用。6種類のプリセットに加え、シャープネスやコントラストといった設定値を自分で調節することも可能。加えて、料理の美味しさを引き立たせる鮮やかな撮影を行う「料理」シーンモードも搭載した。

操作UIは「EOS Kiss M」を踏襲しており、カメラ初心者でも分かりやすい「やさしい」表示と標準表示を切り替え可能。同社では「既にデジタル一眼レフカメラEOSシリーズを使用しているユーザーが、サブカメラとして使う際にも便利」とアピールしている。

UIは同社ミラーレス一眼EOS Kiss Mに似せられており、EOSユーザーにも親しみやすいとする

その他、上方に約180度チルトできる背面液晶モニター、背景のボカしや3段階の美肌効果などを適用できる「自分撮りモード」といったセルフィーに便利な機能、Wi-FiやBluetooth Low Energy技術を利用したPC/スマートフォンへの画像自動送信機能なども搭載している。

液晶モニターは約180度までチルトでき、セルフィー撮影にも有効

記録媒体はSD/SDHC/SDXCカードを採用。外形寸法は約110.1W×63.8H×39.9Dmm、質量は約299g(バッテリー、SDカード含む)。

関連記事