「ミラーレスに新たな変革をもたらす」

ソニー、フルサイズミラーレスのベーシックモデル「α7 III」。23万円前後

ファイルウェブ編集部
2018年02月27日
ソニーは、ミラーレス一眼カメラの新モデル「α7 III」を3月23日より発売、予約受付を3月2日10時に開始する。価格はオープン。

【ラインナップ】
・ボディー:予想実売価格23万円前後
・28-70mmレンズキット:予想実売価格25万円前後

「α7 III」

背面

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(株)の長田康行氏は本機を「フルサイズミラーレスのベーシックモデル」と位置づけ、「従来のベーシックの概念を打ち破り、ミラーレスに新たな変革をもたらす要素を備えた商品」とした。

長田康行氏

センサーには2,420万画素の裏面照射型フルサイズCMOSセンサー「Exmor R」、映像処理システムはは従来モデルから一新された「BIONZ X」と専用LSIを搭載。センサーにはギャップレスオンチップレンズ、反射を低減するARコーティング付きシールガラスを組み合わせており、通常感度はISO100〜51200、拡張感度でISO204800の超高感度撮影が可能。処理速度も従来モデルから1.8倍高速化した。

デジタルカメラ向けとして最も大きなフルサイズセンサーを搭載する

基板に固定された「BIONZ X」

低感度時には15ストップの幅広いダイナミックレンジで撮影でき、システム内では16bitで画像を処理。サイレント撮影や連続撮影時には14bitRAW出力に対応する。

像面位相差AFは上位機種「α9」と同等の693点、コントラストAFは従来機種「α7 II」の25点から大幅に多分割化された425点を搭載。速度、追従性能はα7 IIの2倍で、AFエリア範囲や精度も向上している。人物の瞳を検出する「瞳AF」はAF-Cモードに対応。うつむき、振り向き、逆光などピント合わせが困難な状況でも瞬時に瞳を検出し、安定して追従する。

別売りレンズを装着したR7 III

ボタン、ダイヤルなど操作系統は主に右側に集中する

シャッターチャージユニットに新たにコアレスモーターを搭載したため、連射性能はα7 IIの2倍となる10コマ/秒、サイレント撮影時でも同様の速度で撮影ができる。バッファーメモリーの大型化と処理速度の高速化などにより、最大連写枚数はJPEG撮影で約177枚、非圧縮RAWで約40枚となっている。また、蛍光灯のちらつきを低減するフリッカーレス撮影にも対応する。

シャッタースピード5.0段に相当するボディ内光学式5軸手ブレ補正も内蔵。補正ユニット、ジャイロセンサー、最適化されたアルゴリズムを組み合わせており、Eマウントレンズのみならず、アダプターを介したAマウントレンズでも作動する。

ファインダーは0.5型/約236万ドット、液晶モニターは3.0型/約92万ドットのチルト式タッチパネル。ファインダー/モニター撮影どちらにおいても、AFをタッチパネルで操作できるタッチフォーカス機能が利用できる。

背面モニターとファインダー

ボディのトップカバー、フロントカバー、内部フレームは軽量かつ高剛性のマグネシウム合金を採用。グリップとフロントカバーは一体化し、さらにマウント固定ネジは6本に増量して高い剛性を持たせている。

マグネシウム合金により軽量ながら剛性を持たせる

動画撮影では、全画素読み出しによって、4K映像に必要な画素数の約2.4倍の情報量を使って4K映像を出力。フォーマットはフルサイズとスーパー35mmから選択できる。また記録フォーマットには業務用規格を拡張したXAVC Sを採用し、最大100Mbpsで記録できる。さらにHLGによる4K/HDR撮影も行える。

幅広い輝度ダイナミックレンジを記録する同社独自の輝度特性カーブ「S-Log2」「S-Log 3」も搭載。S-Log 3撮影時には14ストップのダイナミックレンジを実現している。

記録メディアはメモリースティックPRO デュオ、メモリースティックPRO-HG デュオ、SDXCカードに対応し、2スロットを内蔵。うち1スロットはSDカードのUHS-I/IIどちらにも対応する。接続端子としてUSB Type-C、マイクロHDMI端子、マイク端子、ヘッドホン端子を搭載。BluetoothとWi-Fiにも対応する。

USB Type-C端子を内蔵する

ミラーレスの弱点とされるバッテリー持続時間も改善しており、モニター撮影時約710枚、ビューファインダー使用時約610枚と、ミラーレス機としては最大級の連続撮影枚数を実現している。外形寸法は126.9W×95.6H×73.7Dmm、質量650g(バッテリー含む)。

αシリーズを中心としたカメラシステムの拡張性も重視しており、その一環としてフラッシュの新モデル「HVL-F60RM」を4月13日より68,000円(税抜)にて発売。ガイドナンバー60、発行間隔1.7秒の大光量/連続発光性能を備えた最上位フラッシュとなる。

αシリーズ向けフラッシュ「HVL-F60RM」

さらに、コンパクトカメラ「RX0」をαシリーズのホットシューに取り付け、サブカメラとして使用するソリューションも提案しており、αとRX0のレリーズを連動させる専用ケーブル「VMC-MM2」の発売を5月25日に予定している。VMC-MM2の価格は5,000円(税抜)。

RX0をサブカメラとしてホットシューに装着するソリューションを提案

製品解説にあたったソニーマーケティングの小笠原啓克氏は、「近年のレンズ交換式カメラ市場においてはミラーレス一眼の金額/台数は伸び続けており、平均単価では一眼レフを上回っている。またフルサイズモデルの伸長も著しい」と市場の動きを説明。今後同社ではα7 IIIに加え、フラグシップモデル「α9」、上位モデル「α7 RIII」の3機種を軸に、専用レンズ群を含めてフルサイズミラーレスモデルの市場への訴求をはかっていくとした。

小笠原啓克氏

大きな伸びを見せるフルサイズミラーレス一眼に今後も力を入れていくとした

関連記事