インターバル撮影機能も強化

カシオ、セパレート型デジカメ「EX-FR10」にタイムラプス動画作成機能など追加

編集部:近藤 貴彦
2015年05月20日
カシオ計算機は、カメラ部とディスプレイ付きコントローラー部を分離できるセパレート型デジタルカメラ「EX-FR10(関連ニュース)」の新ファームウェアVer.2.00を公開した。今回のアップデートにより、インターバル撮影機能が強化されるとともに、タイムラプス動画作成機能が追加された。

EX-FR10

インターバル撮影機能は、撮影間隔のバリエーションに5秒・30秒・1分が追加され、最短5秒から最長2分間隔の撮影が可能になった。また、インターバル撮影中にモニターを確認しながら手動での撮影が可能になった。

新たに追加されたタイムラプス機能では、撮影した静止画を使って時短ムービーを作成することが可能。

その他、Wi-Fiでスマートフォンやタブレットと接続する際の手順の簡便化や、再生モードの連続画像削除に対応するなど、操作性も向上したという。また、液晶モニターの画質もアップし、インドアでもアウトドアでも見やすく、使いやすくなったとのこと

なお、「ファームウェアVer.2.00」は、カシオ計算機ホームページにて無償でダウンロードできる。バージョンアップの主な内容は以下の通り。

<撮る>
・インターバル撮影に5秒・30秒・1分の撮影間隔を追加
・インターバル撮影中もモニターを確認しながら手動で静止画・動画の撮影が可能に
・インターバル撮影時に、画像サイズを抑え、速い動きでも歪みにくい撮影が可能なスポーツモードを搭載
・動画撮影時の手ブレ補正機能を強化
・ダイナミックレンジの改善により白とび・黒つぶれを防止
・顔検出時のフォーカス精度を向上させ、より被写体をキャッチしやすく

<観る>
・撮影した静止画を使って時短ムービーを作成するタイムラプス機能を追加
・彩度・輝度のバランス調整により液晶モニターの画質をアップ

<シェアする>
・コントローラー部のアイコン操作だけでスマートフォンやタブレットとWi-Fiで接続可能に

<その他>
・再生モードでの連続画像削除に対応
・ハイライトスコアの連続アップ・ダウンに対応
・コントローラー部がスリープモードになるまでの時間が設定可能に

【問い合わせ先】
カシオ計算機 お客様相談室
TEL/03-5334-4611(デジタルカメラ専用)

関連記事