クラウドサービス開発のベンチャーと提携

パナソニック、デジカメの通信機能拡充に向け米ディーバ社と提携

ファイル・ウェブ編集部
2015年01月07日
パナソニックは、クラウドサービスの開発を行うベンチャー企業、米ディーバネットワークス社との提携を本日1月7日に発表した。

パナソニックは、ディーバネットワークス社に出資し、写真クラウドサービスの開発とマーケティング活用および新規商品の開発に取り組むという。

ディーバネットワークス社は、直感的な操作で高画質写真の編集や共有ができるクラウドサービスを開発し、グローバルに展開予定。パナソニックは、デジタルカメラなどの機器を同サービスと連携させ、機器の使い勝手向上を図るとともに、同サービスを活用したマーケティング活動を推進するとのこと。

また、ディーバネットワークス社のクラウドサービスにおけるノウハウと、パナソニックの技術開発力を掛け合わせ、写真共有に対する多様化したニーズに応える、新規商品の開発に取り組むとしている。

なおパナソニックは、LTE通信機能を搭載したデジカメ「CM1「DMC-CM1」を開発し、2014年11月より欧州で試験導入を開始している。米国ラスベガスで開催中の「2015 International CES」の同社ブースにも実機を出展中だ(関連ニュース)。同社では今回の提携を通じて、デジタルカメラと通信の融合を一層加速させていくという。

関連リンク

関連記事