F1.8レンズ機と光学42倍ズーム機

ニコン、レンズシフト手ブレなど搭載の「COOLPIX P310/P510」

ファイル・ウェブ編集部
2012年02月07日
(株)ニコンイメージングジャパンは、コンパクトデジカメ“COOLPIX”の新製品として、「COOLPIX P310」「COOLPIX P510」2機種を3月から順次発売する。

COOLPIX P310

COOLPIX P510

小型ワイドズーム機の「COOLPIX P310」はブラックとホワイトの2色を用意。ブラックは3月、ホワイトは4月に発売する。価格はオープンだが4万円前後での販売が予想される。

高倍率ズーム機「COOLPIX P510」は3月発売で、価格はオープンだが53,000円前後の販売を想定。本体色はブラックとレッドの2色。

■両機共通の特徴

両機はともに、有効画素数16.1メガピクセルの裏面照射型CMOSセンサーを搭載。最大ISO 3200、Hi 1設定(ISO 6400相当)までの高感度低ノイズ撮影が可能で、連写合成とノイズ低減技術により、暗い場所でも鮮明な画像が撮影できる。

またシャッタースピード約4段相当の手ブレ軽減効果を発揮するレンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能を搭載。静止画だけでなく、フルHD動画の撮影時にも利用できる。

画像の仕上がりを事前に設定できる「COOLPIXピクチャーコントロール」も搭載。P/A/S/Mの4モードで使用でき、「スタンダード」「ニュートラル」「ビビッド」「モノクローム」の4種類の設定が用意されている。

動画撮影機能では、ステレオ音声のフルHD動画が撮影可能。レンズシフト手ブレ補正、光学ズーム、スペシャルエフェクトなどが動画にも適用できる。HDMI端子も備え、テレビのリモコンで操作できるHDMI-CECにも対応している。

■F1.8レンズ搭載のコンパクト機「P310」

COOLPIX P310は、F1.8のレンズを搭載。高屈折率レンズを採用することでカメラ全体の小型化と軽量化を実現した。

なお、レンズは35mm換算のf値が24-100mm相当の光学4.2倍ズームで、前述の通りレンズシフト方式の手ブレ補正機構を備えている。

■光学42倍ズームNIKKORレンズ搭載の「P510」

COOLPIX 510は、35mm判換算で広角24mm相当から望遠1,000mm相当までの画角をカバーする、光学42倍ズームNIKKORレンズを搭載したモデル。

また、16メガピクセルの最大画像サイズでも、約7コマ/秒、5コマの連写が行え、動きのある被写体の撮影に力を発揮する。起動も約0.9秒と高速だ。

またGPS機能も備え、GPSで取得した撮影時の位置情報を記録し、PC上のモニターにViewNX 2を使って撮影ポイントの地図表示をすることも可能だ。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドNIKON
  • 型番COOLPIX P310
  • 発売日2012年3月
  • 価格¥OPEN(予想実売価格40,000円前後)
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドNIKON
  • 型番COOLPIX P510
  • 発売日2012年3月
  • 価格¥OPEN(予想実売価格53,000円前後)

関連記事