赤みの強い星雲がキレイに撮れる

キヤノン、“天体撮影専用”デジタル一眼カスタムモデル「EOS 60Da」

ファイル・ウェブ編集部
2012年04月03日
キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ「EOS 60D」をベースに、天体撮影に最適な光学特性を持たせたカスタムモデル「EOS 60Da」を4月中旬から受注販売する。価格はオープン。


EOS 60Da(EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS装着時)

ボディ
本機は2010年秋に発売された「EOS 60D」(関連ニュース)をベースに、CMOSセンサー前面に配したローパスフィルターの特性を変更。星雲などが放つ光の波長のひとつである“Hα輝線”の透過率を3倍にアップして、一般的なデジタルカメラで撮影が難しいと言われている、バラ星雲や馬頭星雲など、天体ファンに人気の高い赤みの強い星雲を高精細に撮影できるようチューニングを施している。


またベースモデルの「EOS 60D」の優れた基本性能も活かし、約1800万画素のCMOSセンサーや映像エンジン「DIGIC4」により、常用ISO感度も最高IS6400に拡大されている。これにより、天体撮影に特有の暗さや長時間露光にも配慮しながら、ノイズを抑えた高品位な撮影を可能にしている。

なお、本機は天体撮影専用の仕様であるため、キヤノンは「天体以外の一般的な被写体を撮影すると、実際より赤みの強い撮影画像になったり、適切なカラーバランスが得られないことがあるため、お勧めできない」と説明している。

【問い合わせ先】
キヤノンお客様相談センター
TEL/050-555-90002

関連記事