HOME > ニュース > Disney+、U2のボノとジ・エッジに密着したドキュメンタリー作品を3/17より独占配信

代表曲『ヴァーティゴ』にのせた予告編も解禁

Disney+、U2のボノとジ・エッジに密着したドキュメンタリー作品を3/17より独占配信

2023/01/24 編集部:伴 修二郎
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ウォルト・ディズニー・ジャパンは、動画配信サービス「Disney+」にて、ロックバンド・U2のボノとジ・エッジに密着したドキュメンタリー『U2:ボノ&ジ・エッジ - A SORT OF HOMECOMING with デヴィッド・レターマン』を、3月17日(金)より独占配信すると発表した。併せて本作の予告編も解禁された。



これまで合計1億7,500万枚のアルバムセールスを誇る世界的ロックバンド U2のボノ(ヴォーカル、ギター)とジ・エッジ(ギター、ピアノ、ヴォーカル)が故郷ダブリンを旅する模様に密着したドキュメンタリー作品。

全米で大人気のコメディアン&司会者で、U2とは25年来の親友デヴィッド・レターマンとともに、ボノとジ・エッジの45年以上にわたる親密な友情や素晴らしいパートナーシップがいかにして構築されたのかなどを紐解いていく。さらに、U2がこれまでとは異なるコンサートパフォーマンスを披露する貴重な姿も。

解禁された予告編では、ボノが「ダブリンはルーツだ。曲に組み込まれている」と話し始めると、代表曲「ヴァーティゴ」に乗せて、ダブリンの街を旅する様子が映されている。旅に同行したレターマンは「人生に喜びは数多くあるが、この旅がナンバーワンだ」と話し、二人との特別な時間を振り返っている。



ディレクション担当には、アカデミー賞 長編ドキュメンタリー映画賞受賞監督であるモーガン・ネヴィル、製作総指揮には、『バックドラフト』『アポロ13』『24 -TWENTY FOUR-』を生み出した名プロデューサーコンビのロン・ハワードとブライアン・グレイザーが設立したドキュメンタリースタジオ「イマジン・ドキュメンタリーズ」が務めている。

なお、U2は本作の配信日同日の3月17日に、ベスト・ソング40曲を新たに録音したニューアルバム『ソングス・オブ・サレンダー』の発売を予定している。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック