HOME > ニュース > Disney+、『アイス・エイジ スクラットの物語』4/13より独占配信。リスのスクラットによる短編アニメ

キービジュアル&予告編も解禁

Disney+、『アイス・エイジ スクラットの物語』4/13より独占配信。リスのスクラットによる短編アニメ

2022/03/31 編集部:伴 修二郎
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ウォルト・ディズニー・ジャパンは、ディズニーの公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」にて、『アイス・エイジ』シリーズのリス、スクラットを主人公とした短編アニメーションシリーズ『アイス・エイジ スクラットの物語』を4月13日より独占配信すると発表した。また合わせて、キーアートも解禁された。

『アイス・エイジ スクラットの物語』4月13日(水)よりディズニープラスで独占配信開始!(c)2022 Disney



『アイス・エイジ』シリーズは、2万年前の氷河期の地球を舞台に、マンモスのマニー、ナマケモノのシド、サーベルタイガーのディエゴといった種族の異なる動物たちが様々な冒険を繰り広げる、世界中で幅広い世代に人気のアドベンチャー作品。今月25日には、本シリーズのDisney+オリジナル映画『アイス・エイジ バックの大冒険』が独占配信されていた。

今回の『アイス・エイジ スクラットの物語』は、本シリーズの人気キャラクターで不運なとんがり歯のリス、スクラットを主人公とした新たな短編アニメーション。父親としての浮き沈みを経験しながら、可愛くてイタズラ好きなベビースクラットとの絆を深めていく全6本の物語を展開する。

また、泣いているベビースクラットを寝かしつけようとスクラットが子守唄を披露したり、どんぐりを追いかけてスクラットとベビースクラットがふしぎな洞窟に迷い込んでしまうなど、父親となったスクラットとベビースクラットが繰り広げる、お騒がせな冒険のストーリーだという。

スクラット役にはクリス・ウェッジ、ベビースクラット役にはワールグレンが声優を担当。スタッフ陣からは、プロデューサーにアンソニー・ニジ、エグゼクティブプロデューサーにロバート・L・ベアード、アンドリュー・ミルスタインが名を連ねている。

さらに、Disney+の公式Youtubeチャンネルにて、本作の予告編も公開されている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE