HOME > ニュース > Disney+、アカデミー賞作品『ウエスト・サイド・ストーリー』の独占見放題配信を実施。3/30より

早くも配信が決定

Disney+、アカデミー賞作品『ウエスト・サイド・ストーリー』の独占見放題配信を実施。3/30より

2022/03/28 編集部:松永達矢
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ディズニーの公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」は、2022年2月公開の劇場映画『ウエスト・サイド・ストーリー』を、3月30日(水)より独占見放題配信することを発表した。

『ウエスト・サイド・ストーリー』



世代を超えて人々を魅了し続けるミュージカルを、巨匠スティーブン・スピルバーグが念願の映画化。現在も多くの劇場にて上映されている『ウエスト・サイド・ストーリー』の見放題配信が早くも決まった格好。

本作は第79回ゴールデングローブ賞において、作品賞・主演女優賞・助演女優賞の最多3冠を獲得するほか、現地時間3月27日に行われた第94回アカデミー賞ではアニータ役のアリアナ・デボーズが助演女優賞を受賞。リタ・モレノが 61年版『ウエスト・サイド物語』で助演女優賞を受賞して以来、60年の時を経て同役“アニータ”で助演女優賞を受賞する快挙を成し遂げた。

アカデミー賞助演女優賞に輝いたアリアナ・デボーズ(写真中央)

アリアナ・デボーズは本作でのオスカー受賞に際して、以下のようにコメントしている。

■アリアナ・デボーズ 受賞コメント全文

アニータが“アメリカに居たい”と言った理由が分かりました。このような世の中でも、夢は叶います。それが今、本当に心強いです。このステージに私を引き上げてくれたすべての美しい人々に感謝の言葉を述べる時間をとっていたら、あなた方は次のアカデミー賞までここに座っていることになるでしょうから、それはやめときます。

でも、一生に一度の夏を皆さんと過ごせたことは、とても光栄なことであり、感謝しています。スティーブン・スピルバーグ監督、ありがとうございました。クリスティ・マコスコ・クリーガー、トニー・クシュナー、そしてリタ・モレノという神聖なインスピレーションを与えてくれる存在に感謝します。あなたのアニータが、私のアニータの道を切り開いてくれたのです。私はあなたをとても愛しています。

そして、私の家族、母についてお話します。ママ、心から愛している。これはあなたのものであると同時に、私のものでもあります。最後に、白いフォードフォーカスの後部座席に座るこの少女を想像して、彼女の目を見てみてください。そこには、芸術を通して人生の強さを見出した、有色人種のオープンリー・クィア・ウーマン、アフロ・ラティーナがいるのです。

私たちはそれを祝うためにここにいるのだと思います。自分のアイデンティティを疑ったことのある人、グレーゾーンにいる人、これだけは約束します。私たちの居場所は本当にあるのです。アカデミー賞に感謝します。皆さんありがとうございました。

(C)2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE