HOME > ニュース > SIMGOT、デュアル磁気回路を採用するダイナミック型イヤホン「EA500」

ノズル交換によるチューニングの変更に対応

SIMGOT、デュアル磁気回路を採用するダイナミック型イヤホン「EA500」

2022/12/23 編集部:松永達矢
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
合同会社地球世界は、SIMGOTより内磁型と外磁型の両方を搭載したデュアル磁気回路を採用するダイナミック型イヤホン「EA500」を本日12月23日に発売する。価格はオープンだが、税込12,200円前後での実売が予想される。

「EA500」

同ブランドの掲げる「良い音を楽しむための敷居を低くする」という哲学の下、ダイナミック型フラグシップ機「EA2000」の開発で蓄積してきた技術やノウハウを応用したエントリーモデル。先日開催された「ポタフェス2022冬 秋葉原」にて参考出展されたアイテムが正式に案内される格好だ。

10mm径のデュアル磁気回路・デュアルチャンバードライバーユニットを搭載。通常のダイナミック機とは異なり、内磁型と外磁型の両方を搭載したデュアル磁気回路を採用し、N52強度の磁石を組み合わせることで、ダイナミックレンジと過渡能力を大幅に向上。より広い周波数範囲、より低い歪みを提供し、驚異的なダイナミクスと臨場感をもたらすとアピールしている。

振動板は、高域特性を決定するドーム部にはダイヤモンドライクカーボン(DLC)を、中低域の特性に影響するエッジ部分にはより弾性係数の高い複合材料を使用するなど、3種類の素材からなる第4世代DLC複合振動板を採用する。回を重ねた模様設計と材料含有量比率実験により、力強く自然な低域、解像度・密度の高い中域、伸びやかで滑らかな高域を兼備するサウンドを実現した。

ノズルは交換式で、チューニングの変更やフィルター交換も容易で、製品寿命の延長に寄与する。赤いリングがマーキングされた「ノズル1」は、様々な音楽ジャンルに適応する万能なチューニング、黒いリングがマーキングされた「ノズル2」は、音の分離感を向上させ女性ボーカルや楽器音に適したチューニングと説明する。

ノズル交換によるチューニングの変更に対応する

筐体は高密度合金材料で構成されたオールメタルキャビティを採用。表面には鏡面仕上げメッキ加工が施される。内面には金属鋳造技術とCNC精密加工を活用して細かい凹凸をつけることで、定在波を効果的に抑制する。

付属ケーブルとして、2Pinコネクタに対応する高品質無酸素銅銀メッキケーブルを標準装備。プレーヤー側プラグは3.5mm。キャリングケース、イヤーピース3サイズを同梱する。

製品のパッケージと同梱する付属品

周波数帯域は10Hz - 50kHz、インピーダンスは16Ω± 15%(@1kHz)、感度(@1kHz)はノズル1が123dB/Vrms、ノズル2が124dB/Vrmsとなる。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック