HOME > ニュース > TANCHJIM、低域を強化したアルミ+透明筐体のカナル型イヤホン「OLA BASS iS」

インラインマイク付きモデル

TANCHJIM、低域を強化したアルミ+透明筐体のカナル型イヤホン「OLA BASS iS」

2022/12/23 編集部:伴 修二郎
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
合同会社地球世界は、TANCHJIMのカナル型イヤホン「OLA BASS iS」を本日12月23日より発売する。価格はオープンだが、税込6,900円前後での実売が予想される。

「OLA BASS iS」

本モデルは、独自ドライバーの搭載や透明筐体を採用するカナル型イヤホンのマイク付きモデル「OLA iS」をベースに低域を強化したアップグレードモデル。従来の原音に忠実でバランスの良い音像は踏襲しつつ、低域が強化されたことでより没入感のある音楽体験をもたらすとアピールする。

基本仕様はOLA iSと同様で、筐体は精密CNCで加工された航空宇宙グレードのアルミニウム合金フェイスプレートと人間工学に基づいたカナル型透明PCキャビティを組み合わせる。外耳道にフィットすることで滑り落ちにくく、さらに軽量仕様によって快適な装着感をもたらす。

イタリア製SAATI MESHを採用し、特殊なナノコーティングを施した防水/防塵フィルターにより、外耳道内の水蒸気や異物によるフィルターの詰まりを抑制し、耐久性を向上させている。

ドライバーには、磁気回路の最適化、サスペンションの質量削減、 振動板の剛性の調整などさまざまな改良が行われた独自開発の第4世代DMTダイナミック型を搭載。振動板にはフラッグシップイヤホンにも使われるTiドームの高分子複合構造振動板を採用。クリアでダイナミックレンジの広いサウンドを実現する。

第4世代DMTダイナミックドライバーを搭載

イヤホンの内部キャビティは、音響構造結合(ASI)を利用したFEM分析と補正により、容積と形状を合理的に導き出した。また、ノズルに特殊なゴムリングを装着することで耳道に入れる部分の長さを伸ばし、フロントキャビティの容積を増加している。

HRTF(頭部伝達関数)に忠実であることで、明瞭なディテールや臨場感のあるサウンドをもたらし、ゲームプレイ時などでも足音などで敵のいる位置をはっきりと聞き取ることができる。

付属ケーブルは導線に銀メッキLitz単結晶銅を採用。外側の銀メッキ線は伝導に関与せず、遮断層の役割を果たしている。ケーブル全体の靭性が強く、シースには不活性素材を使用してなめらかで絡みにくい仕様としている。インラインマイクを装備、ケーブル長は1.25m。

2pin端子によるリケーブルにも対応。再生周波数帯域は7〜45kHz、インピーダンスは16Ω±10%@1kHz、感度は126dB/Vrms@1kHz。付属品としてシリコン製イヤーピース2種(各3サイズ)、キャリングポーチ、ゴムリングを同梱する。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック