HOME > ニュース > Campfire Audio、三角形ボディの3DDイヤホン「Trifecta」。日本国内で50台限定

世界で333台のみ

Campfire Audio、三角形ボディの3DDイヤホン「Trifecta」。日本国内で50台限定

2022/11/30 編集部:伴 修二郎
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ミックスウェーブは、Campfire AudioのA.D.L.Cダイナミックドライバー3基を搭載する限定イヤホン「Trifecta」を12月16日より発売する。価格はオープンだが、税込468,900円前後での実売が予想される。

「Trifecta」

「Trifecta」は、フルレンジの10mm径 A.D.L.Cダイナミックドライバー3基を搭載するイヤホン。世界333台限定のモデルで、日本国内では50台限定での販売となる。秋のヘッドフォン祭り2022でも参考出品されていた注目モデルが、この度正式な発売が決定した。

サウンドは、上述のドライバーをトライアングルを描くよう配置することでシームレスに結びついて響き渡り、音の質感をより豊かに表現。「包み込まれるような雄大なサウンドステージを実現する」とアピールする。

筐体には透明でクリアなナイロンハウジングを採用。内部の金メッキ仕様のインナーパーツとの組み合わせにより「ラグジュアリーなデザイン」に仕上げている。

筐体は透明クリアなナイロンハウジングを採用

ボディにはドライバーに合わせた特許出願中の三角形ボディを採用。フィットの良さと付け心地の軽さを特長とする。ノズル部にはステンレススティール素材が用いられている。

「Time Stream Cable」

ケーブルには、金メッキと磨き上げられたメタルパーツを特徴とする新設計の銀メッキ銅リボンケーブル「Time Stream Cable」を3種(3.5mm/2.5mm/4.4mm端子)付属する。ソフトかつクリアなケーブルジャケットはマイクロフォニックノイズも除去するとのこと。

キャリングケース「Dimensional Folding case」

マグネット式の留め具にデュアルポケットを備える

高級レザーを “ロビンズエッグブルー” にカラーリングしたキャリングケース「Dimensional Folding case」を付属。デュアルポケットを備え、マグネット式の留め具により開閉のしやすさにも配慮する。本ケースはCampfire Audioがデザインを担当し、ポルトガルの熟練した職人による手作業で製造されている。

周波数特性は5Hz - 20kHz、インピーダンスは6.3Ω@1kHz、入力感度は94dB SPL@1kHz:16.91mVrms。付属品としてイヤーチップ2種(シリコン/フォーム)を同梱する。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE