HOME > ニュース > 声音記憶(SONIC MEMORY)、アルミ筐体や特別設計ドライバー採用イヤホン「SM2」

地球世界が取り扱い

声音記憶(SONIC MEMORY)、アルミ筐体や特別設計ドライバー採用イヤホン「SM2」

2022/11/30 編集部:小野佳希
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
合同会社地球世界は、声音記憶(SONIC MEMORY)ブランドより、アルミ筐体や特別設計ドライバーを採用するイヤホン「SM2」を11月30日に発売する。オープン価格だが税込36,000円前後での実売が予想される。

SM2

声音記憶は、イヤホンを300本以上レビューし、自らイヤホンレビューメディアを立ち上げるほどイヤホンが好きだという人物が2年前に立ち上げたブランドだとのこと。今回の「SM2」は、Widing社の創始者である古銘杰(コメイケツ)氏というエンジニアが、筐体からドライバー構造まですべて新たに設計、監修しているのだという。

内部構造

ドライバーには、Widingが声音記憶のために特別に設計した16Ωの10mmダイナミックドライバーを採用。緻密に調整が行われた振動板とアーキテクチャによって、低インピーダンス、高帯域幅、高感度を実現したとしている。

音の伝達角度に影響せず、不要な共振を抑えられるという直通式ノズル設計を採用。筐体素材には7000系アルミニウム、フェイスプレートには316ステンレス鋼を採用している。また、ドライバーのフレームにはCuFe2P合金を使用している。

約100人を対象にした6ヶ月間の装着テストを行い、そのデータに基づいて内部形状を最適化。耳にフィットするように面取りすることなどで装着感に配慮している。

ノズル部は先端がスクリュー式になっており、フィルターの交換も簡単に行えると説明。ノズル外壁にはイヤーピースをしっかりと固定するための突起を備えている。

2Pin端子でのリケーブルに対応し、付属ケーブルにはDARTONG ADVANCED MATERIALS製の5N+6N OCCケーブルを採用。同ケーブルでは正極に6N OCC、負極に5N OCCを使用している。また、ケーブル内部には KEVLAR繊維、外部にはナイロンを使用することで耐久性にも配慮している。

SM2に最適化された音をもたらすという「CUP TIPS イヤーピース」と、低音強化の「FUNGUS TIPS イヤーピース」という2種類のシリコンイヤーピースが付属。イヤーピースには銀抗菌剤も添加されているため、耳にやさしくアレルギーなどを抑え、長時間使用していても快適な体験を得ることができるともアピールしている。

再生周波数帯域は10Hz-30kHzで、インピーダンスは16Ω@1kHz、感度が103dB/mW、THDは<0.1%@1kHz。

外箱には2段弁当箱の造形を採用し、リサイクル可能な食品グレードPP素材を使用。収納ケース本体には硬い質材、外側には合皮素材、内側にはスエード素材を使用している。

そのほか、同ブランドが特別に制作した CD「From Now To Future」も付属。CDには、本機を使用してマスタリングしたという12曲を収録している。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック